本日の駄文@お茶濁し・・・・・・
2011年12月17日 (土) | 編集 |
ほんっと時代劇で更新できなくてごめんなさいな、
師走進行の熊猫屋です、こんにちは。

地上波の時代劇の話題も無い中ですが、
来年も有料放送で放送している時代劇を中心にちまちま更新予定でごさいます。

そういえばNHKのBS時代劇の次作が聞こえてこないんだが・・・・・どうなった?

大河の方は公式見たけど、完遂できるかは序盤次第かなぁ・・・・
どうにも役とキャスティングが合ってなさそうな人がいるんだけど、
見てみない限りは何とも言えない^^;
(NHKのドラマトピックスの書き方がスイーツ臭がして嫌な予感が^^;
イケメンとかまぁ~たその手の層を意識してるのか?→ソース


---------------------------------------------------
以下武侠( ̄▽ ̄;)

来週最終回を迎えるチャンネルNECOで放送中の「流星剣侠伝大人物(原題:大人物)」の最終回直前2話分を見ておりました(全31回)。
やっぱり武侠って実際こんなのがいたら人格的にどうよ?なのがいっぱいいますな
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

それがたとえ主人公でも、「大侠」と呼ばれる江湖の英雄であろうが、容赦なし。
古龍の武侠小説の中でも屈指の人気キャラの一人である「楚留香」がこの武侠作にも出ておりますが
(補足:楚留香は別のシリーズのキャラで、同じ古龍原作の<大人物>には出ていないが、このドラマには出ている)
酷いわな。江曼紅は流星閣を大きくするにあたってとんでもなく周囲に酷いことした女だけども、
楚留香は彼女の想いを知りながらも、義のある別の男が彼女を好きだと知ってその男との結婚を勧め、
揚句江曼紅が死んだ時にゃ死んで解放されて幸せだなんて、お前の口から言うかと(笑)。
自己弁護してんじゃないよとか思うわ。
時として武侠って「愛より義」が優先されることが多々あるものね
(そこから女の意志は無視されて酷いことがよく・・・・^^;)
それが無くても酷いことが往々にしてあるので武侠はツッコミ甲斐があるもんだ(爆)。
それにしても大人物におけるこの楚留香を見ていると、楚留香ってこんなキャラだったっけ?とは思う。
もうちょい飄々としてたような・・・・。
(原作の楚留香よりも中年設定にしている分、変わったとかいうのか?(笑))

最終回を前にして主人公達(楊凡と思思)が一切出ないで物語が回るとはこれいかに。
元々原作が未完だということはさておき、
楊凡って結局あまり動いてないですよね・・・・誰かさんにボコにされて伏せってる時間が多すぎ(笑)
群像劇として見ると古龍原作ものの大陸製作の武侠ドラマとしては(激甘採点で)まぁ何とか・・・だけれども、
大陸製作もので古龍原作の武侠もんでいいのはいつ出るんだろうか?←不発弾多すぎ
(私は70年代香港製作の「楚留香」と「陸小鳳」が一番好きでし)

マグザムさんが大陸版の「小李飛刀」日本版DVDを出すようですが→公式プロモ
どうなんだろ?李尋歓といやアル中オヤジ(爆)。
懐古厨と思われようが、羅文(ロー・マン)の名武侠曲が主題歌になっている香港70年代版「小李飛刀」の李尋歓役の朱江(チュー・コン)の方が個人的にイメージなのですが(これ現地でDVD出して欲しいなぁ~)→つべの主題曲
マグザムさんが出すならそのうちNECOでもやるだろーと期待しつつ(笑)、
古龍繋がりで「小李飛刀」出すなら2009年版の「流星蝴蝶剣」(主題曲)の方はどうすかね?と思う熊猫屋です。
(え?オヤジ萌えで孫白玉と万鵬王押しに決まってんじゃん!・爆)




ジャンル違い駄文で失礼しましたが^^;
極東アジア(日本含む)のこういう広義の時代コスチュームものに出てくる俳優さんて、
特に男性の顔が細面というか全体的に華奢になってきている気がするんだけど、
私が入り込みずらくなっている理由ってもしかすると
・・・・そこなのか?と思うことが最近ありまして・・・・(笑)
(根底には演出や、立ち回りというかアクション場面の魅せ方もちとあるんですが)
昔だとどんな男前でも美形でもガタイや顔パーツがそこまで華奢ではなかった気がするんですよね。
どうだろう?^^;
あと、1本の作品の中に美形は沢山はいらんというか、
(外見の)イケメンパラダイス状態は個人的にはかえって旨味が薄れると思うのですわ。
それやるぐらいならオヤジやを増やしてほしー(それは自分の趣味だろが!)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可