カレーなる上様のCD@「マツケン・マハラジャ」きたですよ。
2011年11月08日 (火) | 編集 |
家に帰ったら、ちびっこたち襲来で嵐のようにすぎていき、今日も「徳川三国志」見られなかったわ
^^;
↑もうバテバテ・・・幼児相手はバトルだっ(笑)

なので、本日は軽い更新メニューで(・▽・)

いつぞやかの記事で書いた松平健さんの新曲「マツケン・マハラジャ」のCDが2日前に我が家に届きましたわ♪


マツケン・マハラジャ/マツケンカレー(CD&DVD)

何だかお昼の番組で結構宣伝されてるみたいなんですが^^;
CDは、ウォークマン転送アイテムとして・・・・まずはDVDだわ(・▽・)ヤホーイ♪
しかもマハラジャの方(笑)
あ~、ミュージカルの時にも感じたけど、やっぱり上様なのであくまで「和風」なのね!
本場インドカレーではなくて、「日本のカレー」って感じ。
ははははは、はっちゃけてるなー(笑)
冒頭に出てくる「KEN MATSUDAIRA」の文字が、インドのタミル語圏映画の文字のレタリングっぽいです。
しかし、シヴァ神って「破壊神」だぞ(笑)
荒れ狂う恋でいいのか!?w

キラッキラ派手派手のターバン巻いた上様。
お顔が大きいから(←時代劇役者さんに対しては褒め言葉です!)派手さに負けないんだよね。
インド映画のおっさん並の超難度のダンスではないですが→難易度がめっちゃ高いインド映画のダンス
(振付もサンバの人と同じあの方だし)
忘年会の余興にいかがっすか?!ってなくらい何だか楽しい(笑)
上様の声質って、年齢よか若いですよね。
意外にハイトーンだし。
下手な歌手が出るくらいなら、上様が紅白出る方が楽しいって!(爆)
(ただでさえ、今年の紅白は暴○○排除条例で目が厳しい中、歌うたいの選考も大変でしょうから、
どうすか?・笑)


シネマ・トゥデイの記事を読むに、「マハラジャ映画」という言い回しに激しく違和感を感じつつも、
言いたいことは通じてる(笑)→シネマ・トゥデイ
(インド映画のことなら「マサラムービー」と言うなら分かるんだけど^^;)



「マツケン・カレー」の方は、女の子の子役ちゃんとの共演が可愛い昭和な映像。
これ見たら、お店のカレーじゃなくてお家のカレーが食べたくなるわ。
(しかも、とってもオーソドックスであんまり辛くないやつ)
テレビで、上様がまだ幼い息子さん相手に練習したことをおっしゃってましたね。

曲を作ったのが中西圭三!?( ̄□ ̄;)ええー!まためっさ懐かしい名前!
こんな雰囲気の曲とは対極的な歌を作って歌ってる人っていうイメージだからビックリした。
DVDにも最後のレコーディング風景のとこでチラッと映ってるようで、
面差しは大分変わってしまったようだけど^^;
今でも歌うまいですね。


これ見たら、タワレコで買ってきてもよかったなーレトルトカレー(!)の「マツケン・カレー」も売ってるようだし(笑)→タワーレコード


それにしても上様、今でも舞台では「暴れん坊将軍」をやっていらっしゃるんですね。
テレビの連続時代劇における同一人物による主役ではタイトルホルダーが「銭形平次」の大川橋蔵さん(888回)ですが、
上様はそれに次ぐ「暴れん坊将軍」832回ですものね。
私が子供ん時にはまってたのは「暴れん坊将軍」の方です(笑)
こう書くと、たま~に時専でやっぱり暴れん坊将軍見たくなっちゃうんですよね(あはははは)



スポンサーサイト
テーマ:音楽
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可