あまりにもあんまりな・・・・・
2015年02月22日 (日) | 編集 |
さっき、ライブから帰ってきてネットでニュースをざざっと読んでたら、

坂東三津五郎さんの訃報を目にして
「う・・・・うそでしょ・・・・・・?」と絶句。
三津五郎さんの踊りがとても好きだったので、
今回はショックすぎる・・・・・。
三津五郎さんは生で舞台を何回か拝見したことはあるのですが、
最後に見たのは生ではなくてNHKで昨年素踊りで踊られていたのをテレビで見たのが最後だったような。
軸がブレなくて素人目線だけれどほんと踊りが素敵な方だなぁと、
とても好きな歌舞伎役者さんの一人だったので、もう何て言っていいか・・・・。

勘三郎さんが亡くなってまだちょっとしか経ってないないのに、
同い年でまだ50代の三津五郎さんまで、いわずもがなだけど早すぎる。
前歌舞伎座の閉場からの訃報が多すぎて、ベテランさんどころか勘三郎さんや三津五郎さんのような、
これからの歌舞伎を先陣で引っ張っていただきたかった方々が相次いでいなくなってしまうというのは、
どういうことですの、神様仏様。

まだまだ歌舞伎座で見たかったですよ三津五郎さん。
来月の衛星劇場で三津五郎さんがご出演されているのが何本かあるので加入しますわ。
ほんとやだもぅ・・・・これ以上連れていかないで欲しいです。

心よりお悔やみ申し上げます。
今頃勘三郎さんと再会していらっしゃるのかなぁ。

-------------------------------------------------------
歌舞伎以外の演劇も色々見るけれど、
始まったら休演日なしっていう歌舞伎はちょっと改めた方が良いのではないだろうか?
(他の演劇は休演日設けているの多いですし)
と、こうも亡くなる方や、病気休業される方が多いにつけ、
本気で松竹に考えていただきたいと思いますが、どうでしょうか?。
一週間に一日は休演日にしてもいいんじゃないかと思うのですよね。
ご高齢のベテラン役者さんも多いですし(1か月近くずっと出続けるなんていくら今までがそうであったとしても、
ご高齢の身にはこたえるのではないかと・・・・)
中間層が薄くて、若手かめっちゃベテランのどっちかというのが歌舞伎界また顕著になって、
危ういバランスの上に見えてしょうがないので余計に・・・・。
藤十郎さんが、20歳以上も若い三津五郎さんの訃報に関するお言葉を述べていらっしゃる記事を見て、
改めてそういうおもいを強く持ってしまった熊猫屋です。
スポンサーサイト
 久しぶりに心躍る♪
2015年02月20日 (金) | 編集 |
時代劇テンション下がってたのですが^^;
4月から時専で「破れ傘刀舟 悪人狩り」が放送開始と知って、
浮上してまいりました。
これのDVDって何年も前に何故かホームセンターでバラ売りでめっちゃ安く置かれてたのを見て
思わず買いそうになった時もありましたが(置き場を考えて踏みとどまった)、
わーい!錦之介さんだ~♪と、とても楽しみでございます。
(錦之介さんといえば、久しぶりに「長崎犯科帳」見たい・・・・・・・・)。

ところで東映chで橋蔵さん枠やって下さってますが、
そのうちまだ私が見ぬ残りわずかの未見映画放送して下さるんだろか・・・・・
(僅かな期待をもって^^)
↑来月「修羅時鳥」やるから、久しぶりに東映ch加入しますわ♪
 (たぶん私的残りは「ふたり大名」「若君千両傘」「不知火小僧評判記 鳴海飛脚」の3本だと思う)。

そろそろ橋蔵さん映画あたりまた観ようかな。