スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「人形佐七捕物帖 腰元刺青死美人」(1958年・新東宝)
2014年11月24日 (月) | 編集 |
人形佐七捕物帖腰元刺青死美人

(あらすじ)※chNECOより
横溝正史の探偵小説の中で、金田一耕助シリーズと双璧を成す傑作『人形佐七捕物帖』を映画化した人気作(シリーズ第5作)。
人形のような色男・人形佐七親分が難事件に挑み、見事に解決していくというストーリーで、若山富三郎の初めての当たり役としても知られている。
江戸城攻略秘図の存在を嗅ぎつけられた高山藩大殿は、秘図の隠し場所を後世に伝えるため、4人の美しい腰元の背中に判じ文字を彫り付けた。その後、その腰元たちが次々と惨殺されるという事件が起こり…。

(キャスト)
人形佐七:若山富三郎
宮部三十郎:中山昭二
奥村主膳:沼田曜一
内海新之丞:天知茂
お蝶:日比野恵子
お滝:山村邦子
お雪:玉井千鶴子
お露:瀬戸麗子
辰:小高まさる
豆:水原爆



山田達雄監督

(感想等)
謎の秘密の彫り物を腰元4人の背中にさせる高山藩の殿
彫師・お蝶にさせたら、その秘密ばれないようにお蝶は藩の者に斬られたんだけど
新之丞に助けられます(天知さん~♪髪はむしりだ。)
お蝶はお滝とは見知りらしいけど、お滝と新之丞が話してる場面色っぽいな。

新之丞は、町人の出雲屋ところに居候している浪人で、
娘のお露の婿にと言われている。

お蝶が気がついたが、自分が誰だか分からない様子。
お滝がお蝶に彫ってもらった自分の刺青を見せても分からない。

下っ引きの辰と豆が、「宮さま」と言われている侍を調べるが、
その宮さまが入っていった料亭で殺人事件が起こる。
お雪という芸者が殺されていたが、彼女の背には「八百屋お七」の刺青が(例の元腰元の一人か)

下っぴきの辰と豆が血相を抱えて佐七に知らせに行くも、
俺も宮さまとかいう人だと思う。
そろそろお前たちも独り立ちする時期だと、佐七は二人にまかせる。

お雪の遺体を前に芸者衆が線香をあげて弔いをしていると、
鬼の面の男が乱入してお雪の遺体を浚っていった。
これは辰や豆の手には負えまいと佐七が乗り出す。

お滝さん、お露に嫉妬でぷりぷりしてますが、
新之丞はお前一人だと言い含める。
依然としてお蝶の記憶は戻っていない。

お蝶が4か月前に高山藩下屋敷に行ったっきり戻ってないという情報をつかむ佐七。
お蝶の弟子は高山藩に問い合わせるもけんもほろろだったという。
そこで辰と豆が急に的屋のお静が高山藩の腰元してたな~と思いだし、
なんでそんなこと早くいわねぇ!!と佐七に怒鳴られる(笑)。

・・・・時既に遅し。
お静は宮さまに連れだされた後で、
見つけた時には小舟にうつぶせに倒れて殺されていた。
刺青は「閻魔大王」

高山藩の門番かなんかでしょか?
佐七は以前賭場で世話になったオレだと男に酒をおごりつつ、
腰元の情報を少しつかむも、刃物が飛んできて男が死んだ。
呑み屋を出たところで覆面の侍衆に因縁をつけられるが、
からくも撃退する。

出雲屋のお露さんは、番頭の清吉と好き合ってるのか~。
では主人推しの新之丞の件は?
またお露も刺青のある腰元の一人だった。
そのお露に対し、刺青を見せよという南町奉行と名乗る男が現れる。
戸惑う出雲屋父娘に新之丞は
「まことに南町奉行か?宮さまという者ではないのか?」と言われ、
男は苦虫を噛みつぶし、去る。
追う新之丞と、それまた後を追う佐七たち。

新之丞と男が刀を交えて一触即発になるも、
佐七たちが追いついて男を見失った。

お露によると、殿の命令で合わせ鏡を使っても背中の刺青を見てはならぬので、
自分でも知らないという。
最後の一人のお町の行方はわからない。

お露が入浴中に、男が忍んできた。
びっくりして気絶するお露(佐七~何やってんだ^^;)
佐七や新之丞が追い、男の覆面がとれると・・・・・宮さまだ!!
が犯人は自分じゃないといい、
「人形佐七とあろうものが見当違いだ!!」と叫ぶ。
そして相手は手裏剣や爆薬を投げ逃げ切った(忍び??)

やはり相手は伊賀もののよう。
お露は新之丞が嫌いなようで、新之丞との婚礼推しの父親と意思の相違があるようで。
しかし、佐七が聴きこみの中で新之丞に対して「ん?」と思うところあり。
お露の刺青は「助六」だった。

あれだけのことをお滝に言っておきながら、
結局は大店の娘をとってお滝捨てるんか?新之丞~!!
酔ったお滝が呑み屋からの帰り道、襲われた。
悲鳴を聞いて佐七がかけよると、お滝の背に彫り物が・・・・
「お蝶さんは私の家に・・・・・」
そばには手裏剣。佐七たちの背後にうかがうように面をつけた男が潜んでいたが去り、
佐七は気づかず。
そしてその面の男がお蝶を佐七たちより先に連れ去った。
後ろ姿を見つけた佐七たちが後をつけると、藪の中のあばら家に。
なんと、男の正体はお蝶の弟子の勝市(高村洋三さん)であった。
で、盗まれたお雪の死体も出てきたのだが、
勝市はお蝶が彫った刺青を見たかっただけだという(それは職人気質なのか?^^;)

正気に戻ったお蝶が、勝市が犯人とは佐七も信じていないが確たる証拠も無いということで、
お蝶は大名屋敷であったことを話しだす。
そして、最後のお町の刺青は「梅若丸」と判明。

謎は解けたあぁぁぁ!!佐七の推理っ!
それぞれの接点は江戸の地名(閻魔大王は四谷大木戸に閻魔様がいるよ(・▽・))。
江戸の地図から交差する場所は<上野>。
上野といえば寛永寺だ。

お町の行方も分かる。
品川の上総屋に今日嫁入りするという。
さぁ。出動だ。

お町の婚礼に招かれたお露(父や新之丞と一緒)。
その婚礼の場に忍びこんでくる輩あり(宮さま?)
婚礼の席で、花嫁が杯に口をつけようとすると・・・匕首が飛んできた。
咄嗟に払ったのは・・・・何と花嫁変装の佐七!(笑・どーりで手がごついと思ったら)
犯人は逃げた。

上野寛永寺。
そこの石の下にあるものを取り出すは・・・・宮さまだ。
が、同時に現れたるは新之丞。
二人斬りあいになり、新之丞が奪うと、今度は高山藩の者たちが現れる。
が、本物は佐七が既に入手しており、しかもそれは
「江戸城攻略地図」という物騒なものであった(おいおいおいおい)

高山藩家老・奥村主膳は殿を諌めたりしたのだが、
その間に殿は無くなり、腰元の娘たちに悲劇が。
すべては私の責任、高山藩のためにその秘図面を返して欲しいと、
自ら切腹して態度を示した(なんと、家老は苦労人であったか・・・・)

その衝撃でうっかり焚火の中に図面を落としてしまう佐七
(何で都合よくそこに・・・・笑。しかし佐七のうっかりさんはワザとやね?)
宮さまの正体は公儀隠密でした(だから挙動不審な態度だったのね)。
身をもっての家老の態度に、宮部も件を水に流すことに。

宮部「佐七、美しい人の心は良いのぅ」
(・・・・自死した人を前にまったりと言うセリフか!?・笑)

・・・・となると新之丞は?

新之丞は、大店の娘のお露と結婚したかったが、お滝が邪魔になった。
折も折、刺青娘の騒動があり宮さまが浮上していたため、
それに乗じて(刺青のある)お滝を殺害し、お雪らも手にかけたというのだ。
しかも、宝のありかも偶然知って欲の出た新之丞はお町をも手にかけようとしたのだ。
(お露には全く手を出さなかったのはそういうことだったのねん)。

新之丞はつかまり、かくして平和が戻ったのでした。
---------------------------------------------------
<五大捕物帳>(残りは「銭形平次」「半七」「右門」「若さま侍」)の一つの人形佐七です。
テレビでも映画でもつくられているそうですが、
一番多いのがこの若山富三郎さんの映画で、
後の東映時代も含めて11本?だか作られています(当たり役ですかね?)

人形佐七の人形とは、人形のような男前ということで、
色男以外はやっちゃいけない役(笑)。
白塗りの若山さん、めっちゃ男前で煙管姿も色っぽかったなぁ♪
(言い方変だけど、俗に言う線の細い男前じゃなくて男らしい男前)
任侠もので大ヒット出す以前は不遇が多かったそうだけど、みんな見る目ないわ。

なんとな~くおどろおどろしぃのは新東宝だからか?
出没状況がなんかおかしい(笑)天知さん、お露に嫌いと言われてたり、
色々フラグ立ってたんで怪しいなぁ~と割と初期段階から感じてたらやっぱり。
悪役だけど、今回はそんなに強そうな感じの悪役ではなかったかな?(小物的悪役)。
でも、チラッチラッと見せる仕草が若山さんとまた違って色っぽい*^^*

一時間ちょいなんだけど、結構面白かったのでシリーズの他の作品も見てみたいかな。
東映chでは放送したことありましたっけ?
新東宝版をNECOで見てみたい。
-------------------------------------------------------
デジタルで絵を描くのはいいけど、ファイルサイズがこんなんでも結構あることに気づき、
今はまだいいけど、そのうち溜まってきたら外付けHDDあったほうがいいかもなぁ・・・
というかバックアップのために買っといた方がいいかな。
数年後にはまたPC買い換えるだろうしね。
しかし、クリスタってあの値段で機能沢山で凄いわー(全然使いこなせてないんで勉強しないと)。
今は機能に慣れるために描いてる状態。



スポンサーサイト
テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
 映画「水戸黄門漫遊記」(1969年・東宝)
2014年11月23日 (日) | 編集 |
水戸黄門漫遊記

(あらすじ等)※時代劇専門chより
隠居していた水戸光圀(森繁久彌)は、助さん(宝田明)と格さん(高島忠夫)をお供に、東海道を西への旅に出る。
箱根では関所役人を懲らしめるが、三島では女郎遊びに失敗、大井川では賭場でスッカラカンに……。

(感想等)
今回はCLIP STUDIO PAINT(お絵かきソフト)で試運転で描いてみたのですが、
とりあえずアナログ下書きを取り込んで使うとか、市販のフリー素材を取り込んで素材として使うことができるのも
今回の絵で確認できたのでとりあえずひと段落←超初心者
アナログ人間なんでデジタルでペン走らせるのがまだ苦手なのですが、
筆圧調整したらちょっとやり易くなったので、これからも遊びながら慣れていくぞと。
紙が増えずにPC上でできることとか、やっぱり色塗りはデジ絵の方が楽ですわ。

森繁さんの黄門さまは初めて見たのですが、
完全に喜劇で、終始笑いっぱなしの本作でした。

絵にある関所の件も笑えるのですが(助さんが黄門さまというのを役人に告げている時に、
黄門さまは卵食べきって殻のゴミ掃ってる姿とか芸細かい)
この後、そのせいで代官にまで水戸の御老公だというのが筒抜けでやむをえず接待を受けるのですが、
代官の目を盗んで塀を乗り越えて(!!!)助さん&格さんと遊郭へ行ったり、
やりたい放題です(笑)。

立派な黄門さまの天神髭があることが黄門さまたる目印になってしまっているので、
こともあろうに黄門さま、髭を剃ってしまいます。
で、そのせいで商人で、たまたま同じような髭を持っていた海苔屋平兵衛(三木のり平さん)
が黄門さまと間違われることに。
(平兵衛に同行したコント55号のやりとりもオカシイ・笑)

で、本物の黄門さま一行は冷遇され、平兵衛らが豪華接待を遊郭で受けることに
(平兵衛はカタブツかと思いきや、最後は調子にのってドンチャン♪)
本物の黄門さまたちは、今度は酷い接待を受けて逃げ出します。

島田宿では天候でなかなか船が出ず、旅籠も木賃宿もいっぱい。
で、世間知らずの御一行は・・・というか助さん格さんは怪しいと気づいたが、
止めても黄門さまは言う事を聞かず
いい場所がある言う男の言葉に丸めこまれ・・・・

ついたところは賭場(嗚呼・・・やっぱり・笑)
で、調子良く稼げたもんだから黄門さますっかりご満悦。
ところが主のお万(草笛光子さん)に鼻の下をのばし、
二人っきりの真剣勝負を持ちかけられて・・・・
しかもお万の色気に当てられて、調子のってぽーっとして色々かけちゃって
(御前は天の邪鬼だから止めれば止めるほどダメだという格さんや、
女との勝負に弱いとかいう助さん・・・・わかってるなw)


・・・・・見事スッテンテンに(・▽・)ノ

で、路銀がなくなったんで、助格は身分明かして用立てましょうと言うも、
こともあろうに黄門さま、今度は

川越え人足をやって金稼ごう!!という(助さん&格さん振り回されっぱなし!)

しかし、またあの海苔屋一行がニセ黄門一行を演じたせいで、
臨時人足雇いがパァに。

途方にくれていると、最初のお茶屋で出会った たか(池内淳子さん)が現れ、
お万のいかさま博打を見破り服とお金を取り返してくれたというではないですか。
(おたかさん、ただ者ではないな!)
おたかの優しさに、三人ともぽ~っとしちゃって、
三人でオレがオレがともめた末に彼女を肩車して川に入るも・・・・・ポチャ~ン!^^;;
そして着物を乾かしているすきに、彼女はまたいなくなりました。


次は長生村というところに寄り道したいという黄門さま。
「猛烈丸(もうれつがん)」という村の特産の妙薬を手に入れたいという(嫌な予感・笑)
なんでも不老長寿・精力増進で、黄門さまイチの旅の目的だという
(この好色じじいw)

ところが、またもやニセ黄門一行が役人を引き連れて先にやってきて、
薬が売り切れたというではないですか!!

残念無念で旅籠に泊ったら、今度は町の大親分から夜伽の来いと迫られている
旅の太夫一行を助けることに(黄門さま、何にでも首つっこむ!)
助さん格さんが黄門さまの許しで夜の街にいっちゃってる中、
ひらりひらりと敵をかわした最初はいいが、囲炉裏の自在鈎にぶら~んとぶら下がったところ、
コント55号のニセ黄門の子分に突き飛ばされて井戸に!!( ̄□ ̄;)!!!

自力で井戸から這い上がり、
もどってきた助さん格さんに引き上げられたはいいが、

「一堂静まれ~い!!」と出てきたニセ黄門こと海苔屋のひと声で大親分一行退散。
黄門さまの存在の力、オソルベシ。
そして本物の黄門さま、手柄を盗られてしまう(T▽T)
・・・・が、ニセ黄門が入手して落とした猛烈丸を手に入れた一行。

山越えは夜は狐が出て化かされるから今日はやめた方がというお茶屋の娘の忠告を聞かず、
さぁ行こう!と猛烈丸を飲んだ三人。
飲むと妙な気分になり、ハイになって歩き出す。

尾張国の国境の辻堂にたどりついた一行。
薬のせいか?眠気に負けてお堂で倒れこむように寝てしまいます。

黄門さまが女の声をかけられて目を覚ますと、そこにはおたかが。
誘うようなおたかの誘惑に、温泉付き旅籠に二人行く(ん??)
温泉でいい気分になり、おたかがお背中流しましょうとやってくると思ったら・・・・

何と夢オチ!?!?(やっぱりな・笑)
肥溜の中に埋まってる黄門さま。

・・・・と思ったらさらに夢だった(爆)。
助さん格さんに起こされてハッとした黄門さま。
しかし、表で声が。
なんと、尾張藩の輝千代君を廃嫡し、妾腹の弟・竹丸君をたてようという陰謀の企みの声を聞いてしまった。
家老の黒川外記(平田昭彦さん)が首謀者だ。
黄門さまは助さんと格さんにニセ黄門を守るよう指示(外記は黄門が企みを阻止せんと動いていると思っている)
自分は直接輝千代君に会いに行く。
輝千代君役は子供の頃の十八代目勘三郎さんなのだけど、ほんと面差しが子供から大人まで変わってらっしゃらなかったのだなぁ^^
会えば光圀か分かるという黄門さまだったが・・・・

輝千代「知らんぞこんなジジイ」( ̄Д ̄;;;)!!!!

かくして助さん・格さんと共に名を騙ったと牢に閉じ込められる。
が、忍んできた黒装束の者に助けられる。
(やっぱりただ者じゃないと思ったら、忍びだったのねー!)

輝千代君の鷹狩の日。
外記らが暗殺しようと待ちかまえる中、助さん・格さんの助太刀カッコイイ!!
黄門さま、地蔵に化けて笑かしてくれるぅ~♪(笑)

外記の刀が迫り黄門さま危うし!!
しかし、忍びが渡してくれた短筒が!!!
(「お地蔵さん、アッパレアッパレ♪」て輝千代君(爆)
良かったよな・・・・やっと叔父と認識してもらえて^^;;)

そもそも、助さん格さんの嫁探しも兼ねてましたっけ。
またおたかさんも合流して(三人だけじゃ心配なんでしょうなww)
助さんと格さんは二人のどちらが彼女に相応しいか御老公に迫ります。
黄門さま、ワシが決めることではない彼女が決めることだと、
ワシが彼女の胸の内を聞いてやると
二人に先に行かせますが・・・・

「二人(助さん、格さん)はワシに気をきかせて先に行ったんじゃ」(え?w)

しかし、彼女の香り・・・・牢で助けてもらった者がまとっていた香り・・・・
ハッとする黄門さま。
彼女から逃げるように先を行ったのでした。

そう、おたかは公儀隠密でした。
道の向こうからニセ黄門の海苔屋が一人でスッテンテンのフラフラで歩いてくる。
彼を救助してジャンケンに負けた格さんが海苔屋を背負う横を、
おたかの乗った駕篭が通り過ぎていくのでした。


---------------------------------------------------

スケベじじぃな黄門さまだけど、
なんか洒落がきいていて楽しい時代劇でした^^
芸達者な三木のり平さんや
コント55号、最初の関所役人がてんやわんやでしょうか?
笑いのプロも出演。
池内さんや草笛さんなどが花を添え(花は美しいだけじゃなく強い!)、
終始笑いがこみあげるような内容でした。
ちょっと好色でブラックな黄門さまもたまにはいいよね(笑)




テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
 もうすぐ師走・・・・。
2014年11月16日 (日) | 編集 |
おひさしぶりでございます。
気がついたら11月も下旬に・・・・。

今月からスカパーのセレクトするパックに加入しているので、
時専の他にもいくつか加入しております(東映と衛星劇場は選択できないのねん・・・・割引あるけど)。
NECOと日本映画専門ch見てたら時専がおざなりに^^;;
今月から時専で「東宝娯楽時代劇シアター」枠ができたので、録画したのを次の連休には見たいなと。
(新東宝も入れてもらえたら嬉しいけれど、無理かしら?^^;)

気ぜわしいけれど師走も近いということで、
年末年始の時代劇を検索してみたのですが、次期のNHK正月時代劇は無いのかなぁ・・・・。
木曜時代劇とBS時代劇の情報しか見つからなかったですよ。
(BS時代劇2月6日から中井貴一さん主演の「雲霧仁左衛門2」、
木曜時代劇は1月15日より中村雅俊さんと柴田恭兵さんの「風の峠~銀漢の賦~」)。

テレビ東京の正月時代g系は娯楽時代劇キター!ということで
「大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!」(昨日クランクアップしたそうですね)
1月2日から5時間連続だそうです。
史劇よりも娯楽もんの方がありがたいわw
大江戸捜査網ってあの時代劇ですよね・・・死して屍拾う者なし。
十文字小弥太は高橋克典さんだそうですが、はてどうなるか?
(NHKの大岡越前は、私的にどーしても東の忠相がダメで^^;仕様がC.A.Lなのは嬉しいけど)

東映chと時専の年末恒例の忠臣蔵祭りは、
え~と~たぶん殆ど見たw(特に東映)なので華麗にスルー予定。
(東映、橋蔵さん祭りやって下さるんだけど全部見てる・・・・・^^;)
今年の年末はどうしましょうかね?普通に他の時代劇でも見る?

---------------------------------------------------------------
次の週末は、私は長いこと周星馳(チャウ・シンチー)のファンなので
(香港映画オタなんで、何人かファンな人がいます)
「西遊記~はじまりのはじまり」を観にいかねば!!(公式
かれこれ嵌まって18年くらいたってることに驚愕(確かお初はレンタルビデオで借りた「008皇帝ミッション」)。
「少林サッカー」が日本で大規模公開された時はめっちゃびっくりしたくちでした。
日本語字幕でも、日本語吹き替えでも周星馳映画はその面白さの半分も表現できないと思っていたので、
はたして日本で大規模公開て大丈夫なんだろか?と^^;(現地の社会風俗や、パロディてんこ盛りなんで)。
でも「少林サッカー」はまだマシな方かもしれない。
それ以前となると要素が更に濃いので。
周星馳で西遊記というと、とても好きな「チャイニーズ・オデッセイ」・・・・今回の映画見て、
機会あったらこちらも見ていただけたらなぁ^^
羅家英(ロー・ガーイン)の破壊的な「Only You」も懐かしいが(動画
ラスト近くで猿面で目だけで泣かす周星馳の演技が素晴らしい(ほんとに泣ける!!)。
ほんと天才や・・・・と思った瞬間でした。
今回は監督に専念して、自身は出演しないというのが残念ですが
(ずーっと以前から言ってたんでしょうがないけど)。

丁度NECOで幸運にも今回の映画の宣伝を見ることができて、
とてもとても久しぶりに星爺(シンイェ@愛称)が話すところを(しかも日本向けにっ!!)見ることができて、
嬉しすぎた・・・・NECOさんありがとう(T▽T)
(映画公式でもある程度見られるんだけど、NECO放送だと録画できますし♪)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。