映画「月の出の決闘」(1947年・大映)
2013年04月29日 (月) | 編集 |
tsuki.jpg


丸根賛太郎監督作品で、阪東妻三郎さん主演の映画です(モノクロ)。
1947年つーとまだ終戦間も無いですよね。
ということはGHQによるチャンバラ映画禁止がまだ解除されてないころです。
でも、結構刀抜いてるw(おせんとかが止めさせようとかしてるんですけどね)。

阪妻さんの魅力はこの映画でもいかんなく発揮されておりますのぅ^^
喧嘩稼業を生業としている浪人なんだけど、
百姓に博打を流行らせようとする側の意図で、
邪魔な大原幽学(青山杉作さん)を斬るよう命ぜられて勇んで行く天堂小彌太(阪妻さん)だったのですが、
丸腰の幽学は斬るなら斬れといい、また幽学を慕っている百姓達は幽学先生の味方になります。
何度も小彌太は幽学を斬ろうとし、
そのたびに刀を抜きますが、どうしても斬ることができない。

喧嘩稼業をやめて欲しいと思っていて、小彌太に恋心を抱くおせん(花井蘭子さん)は、
逆に失敗のたびに良かったと思い、
足を洗って自分と夫婦になって欲しいと思ってます。

そして幽学は、自分に向かってくるも斬らない小彌太を見て、
口では彼を「人間のクズ」と言いつつも、根はいい奴だと見抜いて脈ありと思い、
彼を訪ねてきて「友だちになろう」と言ってきます。

そんな幽学に対して小彌太は驚き、そして実は心の底では幽学に対して人物の立派さに気づいてましたが、
まぁそう簡単に素直になれるはずもありません。
しかし、戸惑う姿がかわゆいw

そんな中、百姓を博打漬けにしたがるやくざ&結託してる役人の策略もあって幽学センセ大ピンチっ!
それを知った小彌太は、
「俺のような人間のクズが人の為に尽くそうと思えば、命をかけなきゃならないんだ」と、
止めるおせんを振り切って幽学先生救出に駆けだします。


幽学先生「天堂、ようきてくれたの」
小彌太「大原、おめぇ本当にそう思ってくれるのかい?」


二人が心を通わせた瞬間です。

小彌太はやくざ&役人らとの喧嘩を「踊り」と称して、幽学先生や百姓たちの代わりにたたっ斬ることを言いだします。
その夜は綺麗な月の夜。
近くで小彌太が闘う横で、幽学や百姓たちは、小彌太の好意に報いるために、
あかるく踊ります。

そして、彼らに喧嘩の場面を決して覗くなと言った小彌太は、
敵と相対します

小彌太「なぁおい、この次事世に生まれてきた時にゃお互いにクズにならないように気をつけろよ。
分かったな。」

そして小彌太は踊りだします(戦闘開始!阪妻さんの啖呵がかっこえぇ!!)


月明りの下、小彌太は1対沢山の中斬りまくります。
百姓たちの踊りの場面と交互に映るのが、
まさに「踊り」のようで小気味よいです。
ここの場面の演出が素晴らしい。
「明」と「暗」の場面なのに、そして小彌太の最期と思われる場面なのに悲壮感を感じさせません。
(でも最期の最期で終わるんだけど、切なさの余韻がちょっぴりありまする)


衛星劇場で放送されたのを見ました。

阪妻さんが、ダメ男から義侠心を感じて幽学先生のために駆けだす男気あふれる男へと変わっていく様にぐぐっとひきつけられます。

ちょっと考えると、幽学先生はあくまで「刀は持たん」というスタンスで、
代わりに小彌太が死んでいくのがズルイとか思っちゃいそうなんですが(笑)、
それ言っちゃおしまいよということで。

阪妻さんの独特の歩き方、話し方はこの映画でも健在。
やっぱり素敵なのでした。
衛星劇場で放送された時、解説の大林監督はこの映画を阪妻さんの他の映画に比べて印象が弱いようなことをおっしゃってたけど、
ん~どうかな?
強烈な印象とかは無いんだけど、小彌太と幽学先生がちょっとずつ近づいていく様子とか、
それに連なる言葉の微妙なやりとりとか、
おせんの小彌太に対する複雑な気持ちとか、
何より小彌太が心の中でぐるぐるしながらも目覚めていく過程など、
良い意味で台詞が響いてくるし、私はそこまで弱いとは思わないなぁ。
その過程の魅力を阪妻さんの持つ魅力で充分に出ていると思いましたし。
個人的には好きだなと思う映画でしたよ。

スポンサーサイト
テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
 映画「新諸国物語 七つの誓い」(1956年・東映)のらくがき
2013年04月27日 (土) | 編集 |
nanatsu.jpg


最近、妙に落書きづいてます熊猫屋です、こんばんは。
今日もこの作品で落書きしてましたが、ちっと紙に凹凸があるんで色鉛筆のノリがいまいちでしたわ。
大きな文具屋が画材20%引きセールしてたんで、
ちょいとつるっとした紙買ってきました(・▽・)つるつる~♪

言わずもがな

五郎は錦之助さん、夕月丸は橋蔵さん、黒覆面は千代之介さん、
櫻子は千原しのぶさんの作品でございます。
東映の「新諸国物語」の第3作目ですよね。
「笛吹童子」と「紅孔雀」はモノクロでしたが、
この作品はカラーです。


------------------------------------------------------
ところで連休、皆さま如何お過ごしでしょうか?
NHK-FMでおなじみの「今日は一日○○三昧」が、
連休中は怒涛のラインナップらしいですわ。
昨年は「ミュージカル三昧」で楽しんだなぁ(・▽・)

明後日(29日)は「美空ひばり三昧」で、


5月5日と6日は私めっちゃ楽しみにしてるのですが、
5日が「今日は一日“サッカー音楽”三昧 セカンドステージ」
6日は「セパ対抗!今日は一日“プロ野球ソング”三昧」だそうです(やほ~い♪)→公式

サッカー音楽三昧もプロ野球ソング三昧も過去にやってるんですけど、
結構リクエストできる範囲はゆるそうですよ。

サッカーの方はチャントの原曲やアンセムありの、果てはサッカーアニメの曲もOKのようです。
サッカーアニメといえば古くは「赤き血のイレブン」、爆発期は「キャプテン翼」や「がんばれ!キッカーズ」(私はこの辺の世代^^;)、最近だと「イナズマイレブン」や「GIANT KILLING」あたりかな?(最近のはよく分からない・・・)
サッカーアニメの方だと、ドン引きもののマニアックな曲(キャラクターソングとか)まで知ってるのもあるので自重しますが(笑)、

冗談はさておき、普通にコンサドーレ札幌の「赤黒の勇者」の原曲とか、
「Moon Over The Castle」(←コンサホーム入場曲)あたりをリクエストしようかしら♪
Jリーグだけじゃなく海外チームの曲とか、色々聴けたら楽しいだろうなぁ
(9時間弱の長丁場ですぞ!!)
Superfly好きだから「タマシイレボリューション」も頭よぎったけど、これはリクエストする人いそうだよね。


野球ソング三昧の方も過去はアニソンも含まれていたよう。

そういえば、私がリクエストするとなるとやはり日ハム関連になりそうだけど、
(「ファイターズ讃歌」はささきいさお様バージョンが好き)
球団歌といえば次に私が強烈に覚えているのが西武ライオンズの「地平を駈ける獅子を見た」なのよ。
まだ札幌に西武百貨店があった時、ライオンズの優勝記念セールとかあると、
一日中この曲がかかってたのね
それこそめくるめくエンドレスっ!!あの松崎しげるの声ですぜ!
ライオンズファンでもないのに歌えるとか(大笑・おそるべし。でもテンポよくて燃える歌ですよね~♪)
(西武といえば西武HDが今、米外資のハゲタカファンドに狙われてますけど、何とか銀行側とか支えて欲しいなぁ。リーマンショックから連中@ハゲタカファンド何も懲りてないのがむかつくわぁ。
金転がして遊んで経営理念のカケラも無いんだから余計に。)

あと思い出としては、昔の上司が熱狂的虎党だったんで、
あやうく「六甲おろし」覚えそうになったとか(はははは)

プロ野球12球団の球団歌はもちろん、消滅して今はなき球団の球団歌とか、
選手のテーマとか(無限にあるな・・・・)、色々あると面白いな

あと野球といえば高校野球の「栄冠は君に輝く」
高校サッカーは「ふり向くな君は美しい」があると嬉しいです(笑)

テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
 映画「ふり袖捕物帖 若衆変化」(1956年 東映)
2013年04月17日 (水) | 編集 |
先日は私が橋蔵さん映画で一番苦手なの出しちゃったんで、
罪滅ぼし?に^^;

(あらすじ)※東映chより
ひばり得意の八変化、一方の橋蔵はヘッピリ侍を演じてハラハラドキドキさせる、夢のふり袖コンビの青春捕物時代劇。
平和な江戸の町に、突然女さらいの怪事件が続出する。八丁堀の目明し総動員にも、全く正体が掴めない。
おてんば娘お七は、川島源次郎に犯人追求を頼むがヘッポコ侍で全然役に立たない。
そこでお七自ら、馴染のとんま目明し、早耳の五郎八と乗り出すことになる。
その矢先、今度は裸の女の死体が…。原作は瀬戸口寅雄。

(感想等)

hurisode.jpg

最近、シャープペンシルと色鉛筆でもう一つのブログにもラクガキしてますが、こっちでも。
シャープはステッドラーのがお気に入り、色鉛筆はフェリシモで出してる500色の色鉛筆の初代版の三菱鉛筆製(今は中国製らしいですが)。
色鉛筆、結構使ってるはずなのにな・・・・500色もあるとあんまり減らない(笑)
↑それ以前に私が使いこなせているか?という問題が
並べてるだけでも色の洪水で癒されるんで買って後悔は全くしてないですが。
(この膨大な色鉛筆の収納は、無印良品の引き出しタイプのアクリルケース使ってますが、埃が入らないし中見えるんで良いですよ)
お絵かきソフトをPCにつっこんでるのに、相変わらずアナログチープ画材な熊猫屋です。


はてさて、この映画はトミー(橋蔵さん)&マミー(ひばりさん)コンビの作品です。
もちろんひばりさんは歌ばっちり!
更に娘さんらしい町娘姿から、目明し、最後にゃ潜入捜査?で縦ロール髪のドレス衣装で変化を楽しめます(笑)。
ひばりさん演じるお七のお師匠さんが浚われたので、
お師匠さんを探すためにも自ら動くのですが、橋蔵さん演じる源次郎は自分は踊りは好きだが・・・・の、
いわゆる草食系?で役立たず。
勇ましくもお七は目明しに扮しますが、彼女が悪党に囲まれて大ピンチ!!な時に、
謎の白頭巾が登場して助けてくれます。

白頭巾・・・・言わなくてもだれか分かるよな(笑)
最初っから誰か丸わかりなのですが、そこが問題ではない。
それを観る側が分かった上で、お七がいつ気づくかなぁ~♪とにんまりとゆるく楽しむのがこの映画ですよ。
橋蔵さんとひばりさんのコンビ作品はスカッと明るめの作品も多めで(例外もありますが)
ゆるゆる時代劇を楽しむにはうってつけ。
バランス的にはこのコンビの場合はひばりさんは男装もして二役でパキッとしていた方がいいかも。
(今回もそれに当たりますが)
あくまで橋蔵さんはスマートに優雅に振る舞い、
ひばりさんはパキッと時には勇ましく、
振る舞いとしては男女逆な感じなんですけど、それがかえって互いを引き立てるような気がする。

それにしてもラストのひばりさんの縦ロールで立ち回りも楽しいな(わはは)
あ・・・・ラクガキそっちも描けばよかったかしら?
橋蔵さんの白頭巾は美麗でかっちょよすぎる(ほれぼれ)
エンタメものとしてとても楽しめる映画、それがトミー&マミーコンビの映画だと思う熊猫屋です。
 本日の駄文。
2013年04月13日 (土) | 編集 |
拍手欄からコメント下さいましたMさま(まぼろし天狗の記事です)、
ありがとございます^^
橋蔵さん、お好きでいらっしゃいますか?
そうですよね、華のある役者さんだと私も思っております^^
いっつもへっぽこ記事なのにお読み下さって感謝ですっ!
深い考察はできない分、笑いでネタ提供を・・・・ってわけでもないですが、
照れも半分でこういう文体になっちゃうんですよね。
ほんとに恐縮ですっ^^;


---------------------------------------------------------

BSプレミアムでやってる「大岡越前」、
いやはや・・・・C.A.Lが入っているとはいえ、
あの往年の加藤剛さんの大岡越前ばりな雰囲気で茶吹きました(笑)
それに、画面構成がNHKっぽくないですよね。
そこもまさに・・・・(以下略)

あ~めちゃくちゃ心配したのですが、
意外と榊原伊織の勝村さんはいいかも。
今いる俳優さんでやるなら割とはまってるかもしれない。
無我さん伊織ファンの熊猫屋ですが、そう思ってます(笑)
あと、上様役の平岳大さんもエキセントリックな雰囲気があって好きだな。

逆にヒガシはやっぱり私はダメだなぁ・・・・
人間味がちと足りない気がするんですよね、私の個人的感想では。
何かいつも表面に膜が張った感じがして、どうにも入り込めないです。
あと、国仲ちゃんも時代劇にあんまり合ってないかなぁ。
(過去、彼女も色々出演しているけれど、大人の女性な雰囲気についてはイマイチなのよね^^;)
雪絵にしては子供っぽすぎるというか。

津川さんの忠高は、千恵蔵御大のあの愛嬌と度量には遠くは及ばないけど、
可もなく不可もなくってとこかしら。
もうちょっと威厳が欲しいとこだけど。

作中、ところどころ言葉遣いでひっかかるところがあるのですが、
(初回に上様が「貴様」という言い方するだろうか?とか)
画面は良いですし、思ったよりは好きなところ結構あります。
(往年の大岡越前ファンなもんで・・・・)

良かったなぁと思ったのが時代劇の製作現場の衰退を懸念していたので、
C.A.L良かったですのぅ・・・・と思ってしまいました。
(もし、TBSが普通の時代劇を放棄するんであれば、こういう形でもいいかもしれない)

さて・・・・また録画して見てみよっと。
はっいつものBS時代劇枠の「妻はくノ一」録画したまんまでまだ見てなかった(汗)

------------------------------------------------
時専の「池波正太郎の江戸料理帳」なのですが、
剣客惣菜よりは一段落ちるかなぁ・・・・と思ったのが個人的感想。
ゲストとの語らいが池波さんというよりもゲスト個人の話がかなり多かったりするもんで、
ちと無理やり感も感じられ・・・・^^;
池波さんとからませる必然性があるのだろうか????
前の番組「料理昔ばなし」の方がずっと好きだわというのが私の感想です。
 映画「天草四郎時貞」(1962年・東映)
2013年04月07日 (日) | 編集 |
(あらすじ)※東映chより

徳川家光の治世下、1637年に天草と島原のキリスト教徒が起こした叛乱・島原の乱。キリシタンを弾圧し、残酷な政治を布く権力に対し農民を率いて敢然と立った若きリーダー天草四郎時貞の人間像を暗く重いトーンの中に描く。
大島渚監督が松竹を退社後、東映で作った初の時代劇で、その演出は、'60年安保闘争敗北後の民衆の心境を反映したものだと言われている。

-----------------------------------------------------------
(感想等)

注意※橋蔵さんファンの私ですが、ちょっと今回は否定的部分があるので、
以下閲覧注意下さいませ(特に橋蔵さんファンの皆さま・・・・ごめんなさいぃぃ~!しかも久々更新で申し訳ないです・・・・)


お久しぶりの更新でございます
決算期で繁忙だったものですからお許しを(テレビのスポーツ観戦にうつつを抜かしていたともいうが^^;)

えーと、今月東映chで放送の本作ですが、
まず言ってしまいます。
私、橋蔵さんの数ある映画の中でもこの映画「非常~~~に苦手です!」
(あー言ってしもた)

というか大島渚映画自体が苦手なんだけどね^^;

東映chのあらすじにある安保を反映させたものがほんとだとすると、余計に苦手だったのが分かる様な(苦笑)。
一応DVD持ってるし(東映から出たやつ)、1回見てるんだけど、
も~こんなに入り込めない映画も滅多にないってくらい苦手です。


それにしても天草四郎って10代だったんですよね。
それでちょっとスッピン橋蔵さんだと無理があるような気がしますです^^;
別に白皙の美少年にしなくていいけども(笑)、
それにしても「この風貌で天草四郎と言われてもちとどうかしら?」とも(いつもの白塗りと比べても年重ねて見えるという点とかにおいて)
あと、ノーメイクだと非常に普通すぎる顔なので、天草四郎の一種備えていたであろうカリスマ性とか感じなくなっちゃうと思うんですね。
いっそのこといつもの白塗りの方が良かったと思うだけど、
そうすると周囲とのバランスが崩れかねないし・・・・う~ん・・・・役がニンではないというより、
大島カラーとは根本的に合わない気がする。

というか、この映画そのものが東映向きじゃないんでないか?(あ、また言っちゃった・笑)


ずっと鬱展開だし・・・・・
(しょっぱなから大きく引いた暗~~~~~い映像も何か好かない)
見ていて救いは(ミリも)ないは、見る側の気持ちの逃げ場はないわ、
天草四郎側がいつまでたっても動かないわで、
あ~~~~ストレス溜まるわぁぁぁぁあ
「しのごのグダグダ言わんでさっさと蜂起しなさいよっっ!」って画面に向かって吐く熊猫屋(毒)


いつもの東映時代劇(もちろん監督は別)だったら(以下熊猫屋妄想劇場)

・橋蔵さんはいつもの白塗りで「新吾十番勝負」のような鬘でもって華やかな美少年風を完成
(これでカリスマ性もつくぞ!・笑)
・相棒の新兵衛役の大友さんは、橋蔵四郎と力を合わせてキリシタンを秘密裏にどんどこ集める
・しのごの議論をえんえんと繰り広げるなんざ東映らしくないわ!ということで、
苦難にも合うが、一斉蜂起っ!!橋蔵四郎と大友さん新兵衛で斬りまくるっ!!(笑)←ここ一番重要
↑場合によっては飛び道具を出しても可
・もちろんキリシタンの仲間も四郎崇拝の元、主人公を立てまくる(カリスマ性絶好調!)
犠牲が出まくりだろうが、四郎の名の元に皆果敢に立ち向かうっ!
・やはり娯楽の東映としてはラブの要素もなくてはなということで、桜役の丘さとみたんあたりとほんのりラブ展開(微笑ましい程度)
・島原の乱までいくが、あくまで主人公の死の場面は見せないのが鉄則。
代官側と派手な闘いを繰り広げながらも、そこをピークに持って行ってフェードアウト。
後で誰かが回想するとすればラブ展開をした娘役の方にお願いしたい(笑)



・・・・・入り込めないあまりに妄想劇場までやっちまうとは・・・くっ( ̄Д ̄;)
↑ええ、腐ってますよ熊猫屋


逆に、キャストを見ると三國連太郎、河原崎長一郎、平幹二朗、佐藤慶、千秋実、戸浦六宏、芦田鉄雄(敬称略)などが入っていることから、
↑の妄想劇場の逆バージョンというか、橋蔵さんと大友さんを抜くと別の血なまぐさいバージョンを作るのも可かも(笑)


なんか机上の論理ばっかで動かないっていう印象の映画だったなぁ。
台詞ばっかで回してるというか・・・・・
なんかこ~血が沸き立つ感じを大なり小なり感じないんですよねぇ・・・・
私にゃダメすぎてもうこれ以上言うべき言葉が浮かばないです。
四郎が橋蔵さんである必要性も全く感じられんし・・・・
ラスト付近で安保闘争みたいな雰囲気の場面が出てきましたけども、そういうのもなんだかなぁ・・・・だし、
何より、当時の東映だったらほんとの娯楽満開時代劇のような華やかさか、
あるいはその後年の集団抗争時代劇のようなやってやるぜ!ドドドドー!!って感じのリアル系迫力のどっちでもないわ、
なんかダラダラダラダラしていてつまらないのですよえねぇ。
当時あっちゅーまに公開が終わったそうですが、
さもありなんかと。

一般庶民の私にはその高尚さはちと図りかねますわ。
(久しぶりに毒吐き感想ですまんっ!でも嘘はつけん・・・・)

数ある橋蔵さん作品の中でも、これだけは今も見るのがツライです・・・・(泣)
テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画