映画「東海道四谷怪談」(1959年・新東宝)
2012年07月31日 (火) | 編集 |
(日本映画専門chより)

鶴屋南北の人気狂言を基に、中川信夫監督が、大胆に映画化。グロテスクさと美しさ、古典的伝統と斬新な現代性など、相反する要素が色彩豊かに混在する独特の世界観の中で、弱みに付け込まれるうちに人生を踏み外す愚かなアンチ・ヒーローを、天知茂がニヒルに熱演している。
岩(若杉)との結婚を認めない彼女の父を勢いで殺害して結ばれた伊右衛門(天知)は、名家のひとり娘との縁談が持ち上がると、岩の抹殺を企てる。

(感想等)
昨年、四谷怪談ものといえば東映の若山富三郎さん主演の「怪談・お岩の亡霊」を鑑賞済みの熊猫屋ですが、
あちらはかなり鬼畜な伊右衛門(バイオレンスが容赦なかったですもんねぇ・・・・爪はがしとか・・・ぶるぶる)
であるならば、
こちらの天知茂さんの伊右衛門は、鬼畜は鬼畜なのですがチラと垣間見える悪になりきれない小心な面や、
堕ちても腐っても侍な気質がちょびっとだけ見えるところなど、
少し血が通った伊右衛門像を醸し出していると感じました。

江見俊太郎さん演じる直助はかなり悪で、伊右衛門をひっかけて自分も利を得ようとする豪胆な奴ですが、
その豪胆さは「怪談・お岩の亡霊」よりも、伊右衛門が後に引けなくなってどんどこ深みにはまる一助となっただけに悪辣です。
(お岩に毒をのませるようすすめたのも、本作では直助です)

こわい作品ではありますが、「怪談・お岩の亡霊」が徹底的に(いい意味で)娯楽ならば、
こちらは少し文芸的美しさも醸し出しながらも、
日本の恐怖映画のじっとりとした怖さを映した秀作。

あれ?お岩さんと共に殺される小平が本作ではいないなぁ?と思ったら、
その役は宅悦(大友純さん)が一手に背負ってた^^;
その宅悦は、伊右衛門にお岩さんの身体に手をかけるよう依頼されるも、
彼は悪になりきれないただの小心者なのか、
実行できずにすぐに謝ったり、毒でただれたお岩さんを心配する仕草をするなどします。
まぁ・・・・そういうちょっとだけいい人な面も出すからただの小心者扱いで、
すぐ後で伊右衛門に殺(や)られて、
お岩さんと戸板にくくられて沼に流されるんですが・・・・・(うううっ)

それにしてもお岩さん(若杉嘉津子さん)、
伊右衛門を恨んで死んでいくのですが、本作では伊右衛門不在の中、赤ん坊をかかえて死んでいきます。
殺された四谷左門の仇打ちの助太刀をしてくれると頼っていた伊右衛門に裏切られ、
捨てられ更に毒で殺害された岩。
(彼女は知らなかったが、その仇も実は伊右衛門)
それまでの過程をずっと見ているだけに哀れが増幅されます。
こわいよ~!というよりもひたすら哀れです。
女性としても、一人の人間としても、落ち度が一つもない彼女をここまで踏みにじる伊右衛門は、
いくら直助に押されるようにどんどこ前にいっちゃったとしても、
許されるものではありません(最低)。

実際「こえぇぇぇえ!」となってくるのは、
亡霊になってからなのは他の作品と同様なのですが、
戸板ごと出てくるシーンも多いですな(笑)
お梅(池内淳子さん)などを次々と岩の亡霊の影響で殺害する場面は、
東映程えげつなくない(←逆に言うと東映は鬼畜w血の惨劇だし)
伊右衛門が刀でザックリやるところは暗闇などでぼかしつつ描いてますので、
そこは自制がきいてるというか。

しかし、沼から戸板ごと「伊右衛門どの・・・・」と、
濡れた姿で出てくるお岩さんはやはし怖いですわ(正しい日本の怪談)
亡霊によって徐々に狂わされていく伊右衛門の姿が、
天知茂さんの演技の真骨頂。
ラスト、与茂七とお袖が仇打ちに伊右衛門と対峙しますが、
ある種二人が目に入っておらず、何か(まぁ・・・アレですが)に取りつかれたような形相と行動にかられる伊右衛門。
彼の死までの一部始終は必見のシーン。
(また岩と宅悦とヘビと戸板の出現がもぅね・・・・ぞくぞくしますわ)
天知茂さんは、悪役やってもどこか品がある方なので、
この伊右衛門も、最低野郎なのだけれども悲哀が醸し出されて物語性を増幅させるのですな。
ただの「こわいよー」なホラー仕立てというよりも、
映像の(おどろおどろしさもありますが)美しさや話の最初の講談調の語りなど重なって格調ある物語となっているような気がしました。

これ、DVDで録画しちゃったけど再放送あるうちにBDでも録画したい映画でした。
市販のDVDはどうやら絶版?しているようなので、
(いい映画だから再販してくれよ!)
日本映画専門chに加入している方は今がチャンスですぞ(笑)


スポンサーサイト
テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
 BS時代劇「薄桜記」第3話を見たですよ。
2012年07月29日 (日) | 編集 |
すっかり失念していて、1~2話を逃してしまいました・・・・うううっ。
で、本日遅ればせながら第3話を見たのですが、
これ思ったより引き込まれる時代劇ですね(・▽・)

映画では市川雷蔵さんのが有名ですが、
悲劇一直線のこの作品・・・・・今後を思うと胸が苦しっ(TωT)
(演出の方法によっては昼ドラ並のジェットコースター不幸展開も可能なような←おい)

連続時代劇だけあって、映画よりはエピソード多めのよう。
原作は読んだことが無いので分かりませんが、
3話見ただけでもちゃんと分かるし、次回に後ひく感じといいうまくつくってんなぁ~
(脚本・ジェームス三木氏なのね。さすがぢゃ)

山本耕史さん@典膳は安定の演技なので、安心して見ておりますが、
大河「風林火山」以来拝見の柴本幸さん@千春
・・・・・デビュー作の「風林火山」のまゆげ姫・・・もとい由布姫の頃よりうまくなってません!?
(思えば「風林火山」からはや5年・・・・・時は早いよのぅ)
典膳を想う千春の心情がぐっと迫ってきて、
武家のお嬢さんらしい凛としたところは良かった
(若干声音がアレだけど)
今後にも大いに期待できるなぁと感じた熊猫屋でした。
(映画の千春の人よりは良いわと思ったの私だけ?^^;)

それにしても、今日も泣けたが、
あと何回泣かされるのであろうか・・・・・
今期のBS時代劇は期待できそう(それだけに1~2話逃したのが悔やまれまする)

雷蔵さんとは、ちょっと色の違う典膳な山本耕史さんですが、これもまたよし。
どんな典膳になっていくか、今後も楽しみたいと思います^^
でも、悲劇一直線なんだよね・・・・・^^;
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 遠藤太津朗さん(ToT)
2012年07月10日 (火) | 編集 |
熊猫屋としては、
山田五十鈴さまの死去より驚きました


……万七親分っ!(号泣)


いつの年だか時専でお元気なお姿を拝見したので
まだまだ現役でご活躍されるものと思っていただけに、不意をつかれました

今頃、橋蔵さんや池さんや珍平さんに再会しておられるでしょうか?

遠藤さんの悪役は、悪役だけどどこか愛嬌もあり、
愛おしいキャラクターでした
その最たるものが「銭形平次」の三輪の万七親分だったと思います

銭形平次の主役は橋蔵さんでしたが、
遠藤さんの、あのドジで誤認捕縛もあり~ののスットコドッコイながらも、
何故か憎めない万七親分無くして、
銭形平次の長寿記録もまたなかったと思っております

平次と万七の好対照が大好きでした
遠藤さんが語ったご著書を拝見するに、悪役とはうって変わって優しい方なんだろうなぁと推察しました

大好きな遠藤さんの訃報……

悲しくもありますが、心よりありがとうございました
遠藤さんのような愛嬌もある悪役はそうそうおりません
他の作品と共に、私の中の「三輪の万七」は生き続けております

今日は久しぶりに録画済みの銭形平次で、ほっこりしのびたいと思います

 連続時代劇「雲霧仁左衛門」(1979年・天知茂版)#2・牢に火を放て!
2012年07月03日 (火) | 編集 |
全13話の天知茂さん主演の「雲霧仁左衛門」の第2話です。

今回のターゲットは名古屋の呉服屋・松屋善兵衛(金田龍之介さん)。
仁左衛門はおそらく今回の仕事は最後としたいらしい。
お千代姐さんの仕事も今回で最後とし、仁左衛門は二人で京にゆくゆくは引きこもりたいらしい。

そんな事情も受けて、
いつものように吉五郎が先鞭をつけて松屋に近付き、
お武家の未亡人として近づくお千代。
(姐さんの心の声で、「金さえ出せば何でもできると思っていやがるとか」「雷なんぞ怖がってどうするんだよ、大の男がっ!」と松屋に悪態つけてるw)

利吉という男が六之助を見つけ、元雲霧一党で、今は火盗改の密偵・留次郎にネタとして売ってきた。
火盗改が何とか作った二十両を元手に留次郎が張っていると、
六之助とお千代が!
後をつけてきた留次郎を、六之助が捕まえた。
お千代から元雲霧一党だったことを聞くと、六之助は留次郎を刺殺した
(あ~殺めるのは一党としてやばいんでないの?お千代姐さんもはやまったと)

利吉は二十両を持って母親の元に数か月ぶりに帰ったが、血を吐いて倒れる。

本拠地がバレたので、吉五郎が中心となって屋敷に火をつける
(う~ん、豪快な炎上シーンだけど、いくらかかったの?・笑)

お頭、今回の六の不始末を不問とし、次の行動に出る。

一方式部は、密偵のお京を呼び出して利吉の居所を探らせようとする。

熊五郎とおみつは道具屋に化け、お金に窮しているめし屋の女に入れあげて金が必要だった火盗改の岡田をひっかけ、
彼の印篭(本当は二束三文)を二十両で買い上げ、更に十両つかませた。
そして利吉のことなどを聞きだしたが、
わしに目をつけるとはさすがは雲霧仁左衛門だなと岡田は去っていった
(結構早く陥落!?)

火盗改が利吉の家に乗り込んだが、彼は既に労咳で死んでいた。
しかし、山田藤兵衛は利吉を生きていることにして利用することを提案する。

六之助と熊五郎が利吉の家を訪ねようと、道の男に聞くが、
それは火盗所属の者(あちゃー!)
ダッシュで報告に!!

吉五郎や六之助が利吉と思って乗り込むと、
そこには密偵や火盗改の一堂が!!!
六之助が逃げ損ねた!!!
(吉五郎の奇声あげてのくるりんぱが笑えるw)

六之助を助けないの!?といきり立つお千代ら女性陣に対し、
雲霧という大きな組織の中で、それはできない、思いあがるなと諌める吉五郎。


一方おみつから岡田の動向を聞きだした仁左衛門。
夜半に岡田の元に現れ、時刻を指定して牢に火を放つのを命じる
(お金つかませた甲斐あり?)

牢に火が放たれた

隣家の旗本・上村左京と名乗って、助太刀と称して堂々と雲霧のお頭、
火盗の牢に堂々と潜入ww


まんまと六之助を救助し、
去る仁左衛門だが、
山田藤兵衛に呼び止められるも動じず
「隣家の旗本・上村左京、安部式部殿にお伝え下され。火の元にはくれぐれもご用心とな。
これにて我が屋敷の類焼は免れた。
ふハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \(・▽・)」


と、眉間のシワも軽やかに、呵々大笑する雲霧のお頭。

・・・・ていうか火盗改、気づけよ(^ω^;)

冒頭のお千代のお仕事は、善兵衛が彼女を見染めて名古屋に帯同することとなった。
さて、雲霧と火盗改の対決やいかに?

----------------------------------------------------------
あまりにも雲霧さん達が真正面から堂々と行くもので、
灯台下暗しならぬ展開で・・・・・
火盗今回面目立たず。

今日のツボポイントは高笑いのお頭と、
小頭のくるりんぱ、
そして、悪役も多い金田さんがほんわかしててちょっと可愛い(笑)←お千代姐さんにベタ惚れ

キャラクターとしては財津さんの小頭が、お頭不在の時はええ仕事してます。
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 連続時代劇「雲霧仁左衛門」(1979年・天知茂版)#1・初夜に賭ける凄い奴ら
2012年07月02日 (月) | 編集 |
ふふ・・・・これからも増えるので本格的に天知茂さんカテゴリ作っちまいました。
天知さん関連時代劇は全部そちらにつっこむ予定です。

いきなりOP曲が「やんやん~♪」と女性の声ではじまったのでズッコケましたが(笑)、

<本日のキャストクレジット>
雲霧仁左衛門:天知茂
七化けのお千代:大谷直子
おみつ:池上季実子
州走りの熊五郎:谷隼人
富の市:荒井注
お松:ホーン・ユキ
おもん:長尾深雪
浅草の政蔵:草薙幸二郎
治平:近藤準
因果小僧六之助:江藤潤
高瀬俵太郎:三浦洋一
岡田甚之助:穂積隆信
山田藤兵衛:高松英郎
お宮:宮下順子
木鼠の吉五郎:財津一郎
安部式部:田村高廣
など

ナレーター:横内正


さて、いよいよ始まりました第1話。
今日は結婚詐欺か!^^;
雲霧一党のお千代が近江屋のバカ息子に惚れられて嫁入り。
そのお千代のおじと称してこれまた一党の吉五郎が付き添い、
更に女中としておみつも潜入。
家の者を酒に入った薬で眠らせてイザ蔵めがけて侵入!!

いかなることがおきようとも、人に害を与えてはならない
のが、雲霧一党の頭・仁左衛門のお達し。
天知さんだけ装束が濃い赤紫っぽいですな。
しかし、盗みの場面であのOP曲のやんやん~♪は萎えるな^^;

目明しどもがきた時には既に時遅し。
お千代が見染められてなんと2年という、2年越しの計画であった

お千代姐さんが2年間の任務を終えて一党の元に戻る。
(さすが盗賊の隠れ家。隠し部屋は標準装備)
お千代姐さんに向けるお頭の目が優しいですの。
姐さんは、7つの時に火事で焼け出されてお頭に拾われたのだそうな。

仁左衛門「ぬくい身体だな、お前は。昔は冷たくて・・・」
お千代「おまけに痩せていて」
しっぽりと寄りそう二人。

仁左衛門は、2~3年のうちに大きくなった一党のみなが独り立ちできるくらいの金を集め、
そしてゆくゆくは一党を解散し、
あとはお千代と二人で暮らしたいようだ。

六之助はお千代さんに惚れてるようで♪やきもちモード

小頭の吉五郎によると、先の事件で火盗改の頭が失脚、新たについたのが安部式部という人物らしい。
(高廣さんが火盗改の頭ってことで、どんなもんだろ?と思ったら、
ドスのきいた声で、密偵をどんどん使え金なら私財をなげうってでも出すとかなり太っ腹な御仁を好演(・▽・)
雲霧一党に対する想いは並々ならぬよう。カッコイイ!)

密偵を次々と藤兵衛と訪ねる式部。
その中に、かつて雲霧一党にいた留次郎という男もいた。

次のターゲットとして仁左衛門が選んだのは、悪い医者の玄洞。
按摩に化けた富の市が潜入する(金の臭いがするとか、いらん挙動不審がw)

茶屋にいた男が、いきなり目をつけた女を袋叩きにする。
女は駕篭に乗って(医者である)玄洞の屋敷前に息も絶えだえにやってくるが、
玄洞の屋敷を見張っていた雲霧一党の熊五郎が女を玄洞の屋敷に導く
(先の男と熊五郎には関連性はない)
女は玄洞の番頭の妻(玄洞の信頼を得ていた)で死んだ。
男は元雲霧一党の勘蔵。六之助に引き込みに入るなら今だと耳打ちする。
(畜生ばたらき大好きらしい)

刀売りに扮して白昼堂々式部とご対面の仁左衛門。
式部を見定めようとしたのか?


勘蔵をみかけた仁左衛門。
引き込み女らしいのと話している。
仁左衛門は、勘蔵を独りばたらきか、どこかの組織に入ったか、
いずれにしても玄洞のところに盗みに入るのは今夜だと見る。

吉五郎と玄洞の屋敷を見張る仁左衛門であったが、
引き込みと思った女が導き入れたのは火盗改!
彼女は密偵のお宮であった。

彼女の策略にひっかかった勘蔵。
役人が一斉に捕縛にかかる。
逃げようとした勘蔵は、殺生大嫌いの仁左衛門によって斬り捨てられ^^;
どさくさに紛れて熊五郎を使って金蔵の鍵の型をとることに成功する。


そして日を改めて、型どりした鍵で雲霧一党千両奪取に大成功(・▽・)


式部「やりおった・・・・・!雲霧・・・仁左衛門・・・・!」


楽しそうに魚を釣り上げるお頭で本日は終了♪

-------------------------------------------------
音楽がどうも妙ちくりんなのですが^^;
みょ~んみょ~んとか何とかならんのか!
話自体は期待が持てますな!
天知さんと高廣さんの対峙が楽しみぃ~♪
火盗改も、密偵を取りそろえて雲霧一党との対決色が強まるか?

思ったより一党に女性陣も多く、華もありますな(ニヤリ)。

一党も皆万能ではないようで、
富の市のように使えるんだか?の人物もいますが(お頭ぁ~今回なんでやつを指名したの?・笑)
小頭の吉五郎や、今回鍵で大活躍の熊五郎、あるいは女性陣は頼もしい。

今後も楽しみであります。
(放送時間が20時なので、ちと間に合わないので日付遅れでの感想です)

「鬼平犯科帳」でもおなじみの、盗み関連の池波用語がばんばん出てきますね。
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ