スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「次郎長三国志 第二部 次郎長初旅」(1953年・東宝)
2011年12月30日 (金) | 編集 |
日本映画専門chで新年も再放送予定の1953年~の東宝「次郎長三国志」の第二部です。

(あらすじ)日本映画専門chより

マキノ雅弘のテンポの良い演出が冴える大好評『次郎長三国志』シリーズの第2弾!
第1作の庵原川の喧嘩を無事納め、津向の文吉・和田島の太左衛門・江尻の大熊ら親分衆を逃がしたあとで世間を騒がせた責任をとって次郎長は旅に出た。
途中、小料理屋を営む兄弟分・沼津の佐太郎を訪ねるが、佐太郎の博打癖で酒の振舞いもままならないほど店は傾いていた。
佐太郎の女房は、亭主の大事な客人のためと着物を売ってしのぐのだが、佐太郎はまたも博打の誘惑でフイにしてしまう。ダメ亭主とできた女房の泣き笑い、夫婦の機微が描かれる。
次郎長一行も佐太郎の博打代に着物まですられたのに、裸のまま明るく旅空の下に駆け出してゆく!

(感想等)
前回の喧嘩沙汰をうまくまとめて解決したものの、
捕方に追われるはめになる次郎長一家。
冒頭から次郎長とお蝶の婚礼が行われる中、外では捕方が・・・・

このギリギリの中で鬼吉と綱五郎がおせんちゃんをめぐって競り合ってる場面が楽しい
(おせんちゃん前回といいモテモテだなw)
お蝶が婚礼をすませてすぐ離れ離れになることになって、涙ぐみながらも見送る姿が健気や
(;ω;)かわえぇのう。

親分衆を逃がし、短筒ぶっぱなして旅に出立する一家。

それにしても、河原での仇討ち合戦で仙右衛門と話す時といい大政の方がやっぱり親分っぽい格好良さあるよなぁ(笑)。
もうこれデフォでどうしようもないのかよ!^^;
次郎長なんて後ろの方でぼやーっとしてる風にも見えちゃうしさ。
( ̄Д ̄;)やはり次郎長「だけ」ミスキャストだったか?
おにぅキャラの大五郎役の田中春夫さんもボロまとった個性的なマイペースキャラで目立ちまくってるというのに(笑)


知り合いの佐太郎のところの小料理屋「するがや」に身を寄せようとした次郎長一家。
しかしなんか様子が変。
妙にボロボロの家屋だ。
家に入れてもらうが、今にも崩れ落ちそう( ̄□ ̄;)!!
気だけは大きい佐太郎(気をきかす女房のおとくがええ女や)
佐太郎の台所事情を心配した次郎長一家は、少ないお酒でも酔ったふりをして盛り上がる。
自分の着物を売ってまで酒や肴を用意するおとくさん(涙)

自分の不始末で次郎長に迷惑かけてるのに、仙右衛門って若造、
上から目線っぷりといい鼻もちならない奴よのう。
・・・・と思ったら、次郎長にぶっとばされた!( ̄□ ̄;)!
のぼせあがんなと叱責されたのに、
こともあろうに更に仙右衛門の恋人のおきねの父親に二人のことで口利きしてほしいだなんて、
トリ頭か?!^^;

・・・・ってひどっ!!
仙右衛門、佐太郎をそそのかして次郎長一家の着物を質草に入れちまったわ!!!
ほんとどうしようもないクズ野郎ですわ。
しかもグズグズ泣いてさ、ほんっとイライラするわ(笑)


しかし、ここで辛気臭い展開にはならない明るい物語。
「わっしょい!わっしょい!」と寒さにも笑顔で佐太郎夫婦と別れます。


おきねのお父ちゃんが反対するのは分かるなぁ~あんなお調子者の男が相手じゃな~(笑)
次郎長の話も聞く耳もたんのも分かる。
逆に親父さんのことをわからずやというおきねのおっかさんがww

おきねの父が竹で仙右衛門を叩くのを見守る一家
そのうち倒れて動かない仙右衛門を見て泣きだすおきねの父親。
なんて荒い和解^^;
更に次郎長に感じ入ったおきねの父親は仙右衛門を次郎長の下に入れて男をあげてやってくれと。
なんという超展開


やっぱし仙右衛門がらみで金平の一家ともめますぜ~。
お粗末な親分って・・・・次郎長ケンカ売ってますやん!(@ω@)!

河原で金平の返事を待っているところに一人の男。
ゆったりかまえているけど挙動不審。
もしや・・・・!!!

その男が遠くから傍観する中、
やっぱり金平一家と喧嘩でござんすっ!(・▽・)
(ケンカ場面はあっさり!)


おおお・・・・やはり河原に現れた男は石松でした!
(やっとでたー♪森繁さーん!)
茶屋で挙動不審で女のお客さん逃げるしw
歌いながらそこへやってくる次郎長一家。
鬼吉が興味深々(^ω^)
あやうく喧嘩になりそうになるが、
河原で冷やかされたのに子分が怒ってるようだから返答してくれと次郎長。
さっきまでめっちゃどもってたのに、流暢に名乗りを上げる石松(笑)
「粋なヤクザでござんす!」と、破顔した石松の表情いいねぇ!

で、一家の体裁が整った次郎長一家なのでした♪
(なんだ、石松の河原での行動はツンデレのツンだったのか!・笑)
森繁さんの活躍が楽しみぃ~♪







スポンサーサイト
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 本日の駄文@今年もありがとうございました。
2011年12月30日 (金) | 編集 |
あと今日入れて2日で今年も終わりますね。

今日は朝からえんえんとお煮しめ作り。
地方や家庭によって違うと思うのですが、
我が家は鶏肉・筍・干し椎茸・蒟蒻・牛蒡・人参・百合根・里芋・そして何故かなると(笑)
干し椎茸は半日前からもどし(戻し汁も使用するため)
牛蒡はアクをとったり、それぞれ具材ごとに下ゆで、
そして煮汁を作って出汁のでるもの(椎茸・鶏肉・牛蒡)あたりから一度にいれないで1種類ずつ煮てはひきあげを繰り返して作るので(煮汁も減ったら足しながら)、
時間がかかるのです(´Д`)やっとさっき終わった・・・・

母から伝授されたやり方なのですが、
里芋は粘り気があるので最後という鉄則を守りつつ、
面倒なのだけど一度に煮ないので素材ごとに丁度良い煮加減になるので
完成した時は達成感があります(笑)
今年も無事終了。
大量に作るので、完食するのは1月2日頃かしら?(ノ゚∀゚)ノ
紅白なますなども作り終わったので、ゴールは近い。

うちの年越しそばとお雑煮は鶏ガラの出汁がベースです。
どうやら北海道の場合、入植前のご先祖様の出身地によって雑煮も違うので、
ひとくくりにできないようなんですよね(笑)
お雑煮は角餅を焼いて投入する、お醤油味のシンプルなものです。
みなさんの地域はどんなお雑煮なのでしょうか?

-------------------------------------------------------

正月料理を作りながら、
煮ている時間をボーッと過ごすのももったいないので、
先日録画した東宝の「次郎長三国志」の第二話<次郎長初旅>を見ておりました。
終盤に新キャラの石松がやっと出ましたね!@森繁さ~ん♪
なかなかいいキャラしてるので第三話以降が楽しみだわ!
(若い森繁さん見るのも新鮮^^)
あいかわらず次郎長だけがオーラが薄いのだが(笑)
後でレビューあげたいと思います。

本年もお世話になりました
(明日更新するかわからないので、今・笑)
こんな垂れ流しの駄ブログにお付き合い下さいまして感謝です。
来年もそんなこといいながらマイペースに時代劇を楽しみたいと思います。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
よいお年を!


 映画「大江戸の侠児」(1960年・東映)
2011年12月29日 (木) | 編集 |
東映のオンデマンドで配信になったのでやっと見ることができましたよこの作品
(・▽・)
この映画も見ることができたので、私が未見の橋蔵さん映画を整理してみた。

「復讐侠艶録」「ふたり大名」「緋ぼたん肌」「若君千両傘」
「不知火小僧評判記 鳴海飛脚」「血文字屋敷」
「天保遊侠伝代官所破り」

・・・・・ついに残り7本まできたか。
(見たやつはおいおいレビューあげねばね^^;)
来月丸4年になりなんとする今、私からすると4年にして残り7本は早いかもしれないです。
別のいい方をすると、上の7本を見ると橋蔵さんの映画作品完全制覇になるので、
そうなるといいような寂しいような。
・・・・い、いややっぱり見たいわ。
あんまり待ってらんないから東映さん、チャンネルかオンデマンドにあげてー(笑)

--------------------------------------------------------------
あらすじはこちらの東映のオンデマンドで(笑)→


見終わって。



ん~~~~~~・・・・・ん~~~~~~~・・・・・
なんて言ったらいいのかなぁ・・・・
私が現代人故か次郎吉の怒りの矛先にちっと感情移入できない部分が実はありまして^^;
・おたかの弟の吉五郎が馬にはねられた経緯とか←ちゃんと子供を見張ってない次郎吉が悪い
・そもそも御中老が来られなくなったからと言って「だましやがった」と恨んで鼠小僧に
・・・・という経緯が何か個人的にひっかかったのでございます。

おたかが失踪したことといい、次郎吉が直接手を下したことではないとはいえ、
ちゃんと女とケリをつけてこなかったことでああなったようなもの。
(文字春の嫉妬光線がすごすぎますけどね・笑)
「身から出た錆」が多いような気がするのですが^^;

だもんで、
「人を怨む前に自分はどうなのさ?」
と思うことしきりの熊猫屋。

あと、進行上で「???」と思ったのが、
青山京子さん演じる文字春が、自分のせいでおたかが行方不明になったと反省するのは良いことなのだけれども、
なんで女郎になる必要が????という疑問が。
だって仮におたかが自らor売り飛ばされて女郎になってたとして、
どこで女郎になっているか分からないし、
それに女郎になっているとも限らない。
たとえ客商売で情報つかむのがいいとしても身軽じゃないし、
必要性を全く感じなかったんですよね。
無理やり物語に関連付けるためか?^^;

それにしても多々良純さん演じる権(ゴン)はほんっとーにクチの軽い奴ですな。
ヤツに話そうものなら全部バレちまうw
そのにくったらしさが愛嬌も感じるのだけど、
現実にいたら張り倒しだな(笑)

船頭の竹を演じた星十郎さんは清涼剤~♪
私、星十郎さんの軽妙な演技好きなんですよ(´▽`*)
「いつもの」演技でもあるんですけどね、いいんです。

二度目の奥への忍び込み方法とか、
捕らわれたおたからを見つけ出して救出の過程もスッポ抜けているのはつっこみどこ。

ラスト近く、田舎の渡世人に化けて忍び込んで、
田舎者丸出しの方言で演技するとこは楽しかったですが@次郎吉♪
泣きの演技はちょっと橋蔵さん、汚れの役やるにはちっと臭かったかな?^^;
(ここんところは若気の至りと言うことで・笑)

最後は次郎吉とおたかが結ばれてめでたし、めでたしなのですが、
女郎にまで身をやつした文字春の立場は・・・・・。
嫌な女だったとはいえ、次郎吉を本気で愛した彼女に対して一言ないんですかいの(´・ω・`)
(そこんとこやっぱり文字春におたかのことを言われるまで気づかないだの、
次郎吉は疎いんだろうなぁww)

鼠小僧ものだからもちっとスカッ!とするかと思ったのですが、
思いのほかウエットなつくりだったのと、
矛盾点をいくつか感じつつひっかかったまま終盤まできてしまったので、
後味がザラッとしたままの熊猫屋でございました。
辛口批評ですまん!^^;

テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 今日の駄文@鞍馬天狗…
2011年12月20日 (火) | 編集 |
今日まで竹脇無我さんの鞍馬天狗を見続けてますが、
品川さんの偽天狗ってこの先レギュラー化しちゃうんでしょうか?
ん~…せっかくその前まで割と厳かな雰囲気だっただけに
非常に言いにくいけど品川さん浮いてる
(´ω`)
無我さんファン的には偽天狗邪魔(笑・おいおい)な以外にも、他のキャストが硬派な雰囲気だけ、半次をひいたままのようなあの偽天狗はちとどうかと

それと、土方@ミッキーさんの使い方がもったいないわ~
更に近藤@若林さんの使い方ももったいないわ~
特に近藤さんは天狗を殺(や)る気あるんか?とすら思うくらい甘い気が(笑)

ガチ対決が頻繁になくとも、心理描写とかでもっと土方と近藤を出さないと盛り上がらん

そこを補ってるのが桂さん@かつおさんなり、小池さんなんですけど、
新撰組が鞍馬天狗と対峙するたびに盛大に天狗に隊士が斬られてるもんで、つい(笑)
 本日の駄文@お茶濁し・・・・・・
2011年12月17日 (土) | 編集 |
ほんっと時代劇で更新できなくてごめんなさいな、
師走進行の熊猫屋です、こんにちは。

地上波の時代劇の話題も無い中ですが、
来年も有料放送で放送している時代劇を中心にちまちま更新予定でごさいます。

そういえばNHKのBS時代劇の次作が聞こえてこないんだが・・・・・どうなった?

大河の方は公式見たけど、完遂できるかは序盤次第かなぁ・・・・
どうにも役とキャスティングが合ってなさそうな人がいるんだけど、
見てみない限りは何とも言えない^^;
(NHKのドラマトピックスの書き方がスイーツ臭がして嫌な予感が^^;
イケメンとかまぁ~たその手の層を意識してるのか?→ソース


---------------------------------------------------
以下武侠( ̄▽ ̄;)

来週最終回を迎えるチャンネルNECOで放送中の「流星剣侠伝大人物(原題:大人物)」の最終回直前2話分を見ておりました(全31回)。
やっぱり武侠って実際こんなのがいたら人格的にどうよ?なのがいっぱいいますな
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

それがたとえ主人公でも、「大侠」と呼ばれる江湖の英雄であろうが、容赦なし。
古龍の武侠小説の中でも屈指の人気キャラの一人である「楚留香」がこの武侠作にも出ておりますが
(補足:楚留香は別のシリーズのキャラで、同じ古龍原作の<大人物>には出ていないが、このドラマには出ている)
酷いわな。江曼紅は流星閣を大きくするにあたってとんでもなく周囲に酷いことした女だけども、
楚留香は彼女の想いを知りながらも、義のある別の男が彼女を好きだと知ってその男との結婚を勧め、
揚句江曼紅が死んだ時にゃ死んで解放されて幸せだなんて、お前の口から言うかと(笑)。
自己弁護してんじゃないよとか思うわ。
時として武侠って「愛より義」が優先されることが多々あるものね
(そこから女の意志は無視されて酷いことがよく・・・・^^;)
それが無くても酷いことが往々にしてあるので武侠はツッコミ甲斐があるもんだ(爆)。
それにしても大人物におけるこの楚留香を見ていると、楚留香ってこんなキャラだったっけ?とは思う。
もうちょい飄々としてたような・・・・。
(原作の楚留香よりも中年設定にしている分、変わったとかいうのか?(笑))

最終回を前にして主人公達(楊凡と思思)が一切出ないで物語が回るとはこれいかに。
元々原作が未完だということはさておき、
楊凡って結局あまり動いてないですよね・・・・誰かさんにボコにされて伏せってる時間が多すぎ(笑)
群像劇として見ると古龍原作ものの大陸製作の武侠ドラマとしては(激甘採点で)まぁ何とか・・・だけれども、
大陸製作もので古龍原作の武侠もんでいいのはいつ出るんだろうか?←不発弾多すぎ
(私は70年代香港製作の「楚留香」と「陸小鳳」が一番好きでし)

マグザムさんが大陸版の「小李飛刀」日本版DVDを出すようですが→公式プロモ
どうなんだろ?李尋歓といやアル中オヤジ(爆)。
懐古厨と思われようが、羅文(ロー・マン)の名武侠曲が主題歌になっている香港70年代版「小李飛刀」の李尋歓役の朱江(チュー・コン)の方が個人的にイメージなのですが(これ現地でDVD出して欲しいなぁ~)→つべの主題曲
マグザムさんが出すならそのうちNECOでもやるだろーと期待しつつ(笑)、
古龍繋がりで「小李飛刀」出すなら2009年版の「流星蝴蝶剣」(主題曲)の方はどうすかね?と思う熊猫屋です。
(え?オヤジ萌えで孫白玉と万鵬王押しに決まってんじゃん!・爆)




ジャンル違い駄文で失礼しましたが^^;
極東アジア(日本含む)のこういう広義の時代コスチュームものに出てくる俳優さんて、
特に男性の顔が細面というか全体的に華奢になってきている気がするんだけど、
私が入り込みずらくなっている理由ってもしかすると
・・・・そこなのか?と思うことが最近ありまして・・・・(笑)
(根底には演出や、立ち回りというかアクション場面の魅せ方もちとあるんですが)
昔だとどんな男前でも美形でもガタイや顔パーツがそこまで華奢ではなかった気がするんですよね。
どうだろう?^^;
あと、1本の作品の中に美形は沢山はいらんというか、
(外見の)イケメンパラダイス状態は個人的にはかえって旨味が薄れると思うのですわ。
それやるぐらいならオヤジやを増やしてほしー(それは自分の趣味だろが!)。
 映画「次郎長三国志 第一部 次郎長賣出す」(1952年・東宝)
2011年12月12日 (月) | 編集 |
遅ればせながら、日本映画専門chでやった「次郎長三国志」(1952年~)全九部を見始めました。
年末にかけて完遂できればいいんですけどね(笑)。
録画しそびれた方は同チャンネルで元旦もやるようなんで(但し1回限りでリピート無し!)、
どですか?一緒に次郎長祭りっ!(・▽・)V

(あらすじ)日本映画専門chより
当時、連載中の人気小説・村上元三原作の『次郎長三国志』を、時代劇映画の巨匠・マキノ雅弘が監督した全9作からなるシリーズ第1作!清水の米屋の息子・長五郎こと、清水の次郎長(小堀明男)の度胸と気風に惚れて、桶屋の鬼吉(田崎潤)・関東綱五郎(森健二)・大政(河津清三郎)が子分の盃をもらうまでのいきさつが描かれる。
義兄弟・和田島の太左衛門(小川虎之助)が津向の文吉(富田仲次郎)に売られた喧嘩を、渡世の義理から助太刀しようとする大熊(沢村国太郎)と次郎長。
それを、人を斬って売出すより仲裁するほうがよいと大政が諌める。一斉に白刃を抜き、火縄銃に火をつけた文吉たちの前に次郎長が踊り出た!

(感想等)
そっか・・・・この映画は次郎長一家が結集する前段階から描きはじめるのですね。
この第一部では次郎長の元に鬼吉と綱五郎と大政ら一部が来るとこまでのよう。
ニコ生でコメンタリー同時放送やってたようですが、この第一部の前後の解説を見たけど
・・・・ま、本編だけ見られればいいわ(解説は私には余計だったす^^;)
お蝶さんもまだこの段階で次郎長の妻にはなってないんだ。

見た第一印象で好きだなーっと思ったキャラは田崎さんの鬼吉っ♪
なんてお茶目なんだ~!(´ω`*)萌える
「下郎の首」を見た時と印象が全く違うぜ。
とってもユーモラスなキャラクターで、この第一部の和みキャラですの。
ちっと喧嘩っぱやくてバカなところもあるけど、
好きなおせんちゃんの前ではもうポーっとしちゃう純情さあり、
憎めないキャラです。
「~だぎゃ」と語尾につけて話したりしてましたね。
愛嬌があって、も~熊猫屋の好みとしてはたまんないっ!(大笑)
何度鬼吉のとこで笑ったことか♪



「~ずら」を語尾につけて話す次郎長は、
熊猫屋は見ながら
「・・・・・・・これが親分?いくら一家をかまえる前とはいえ、風格なさすぎなんだけど(困惑)
こ~なんかピリッというかキリッとしたとこが無いんだけど、
今後変わるんか?それともこの役者さんの性質のせいなのか?」と、
最後までどうも釈然としなかったわ。
曲がりなりにも今まで数少ないとはいえ次郎長といえば、それなりに風格をたたえた親分ってイメージだったもんだから、
「?????」が飛び交う私でござんした。
見た方はどうなんでしょうか?感想聞かせていただきたい(笑)
なんでこの人に鬼吉とかが惚れるんだ?と

大政の河津清三郎さん、あるいはお蝶のお兄さん・大熊役の沢村国太郎さんの方がよっぽど親分っぽい(というか大スター様に私なんてことを・笑)
そんだけ本作、次郎長「だけ」魅力を感じないんだよなぁ~作品はとっても素敵なのに何故だ!
何かどっかボーっとした感じがあるんですよね。
(次郎長の子分になった大政が、喧嘩の前に次郎長に助言していたけど、その姿はまるで次郎長を育てるかのようにも見え・笑)

綱五郎のイビキシーンとか、鬼吉が桶に入ったり背負ったりするところとか、笑えるコメディ要素も満載。
今まで見た次郎長ものより随分と自由というか大らかな作りだなぁ~と感じました。
映画が作られた時代もあるでしょうが、背景も綺麗すぎないところが雰囲気出ていて好き。
(今の時代劇って逆に整いすぎてるかもってちょっと思ったです。特に田舎とか)
あと、言葉遣いなんですが出身のお国によって若干変えてたりしてるんですかね?(そこんところは詳しいところは私はわかりませんが)
次郎長とか鬼吉など、田舎もん的話し方をしていたので。

お蝶さんが初々しいというか、よく考えてみればまだ嫁入り前の若いお嬢さんですものね。
しっかりしているのだけれど、次郎長のこととなるとちょっとはじらいの雰囲気も時にあったりと可愛い

最後大喧嘩かと思えば、謀略によるものだというのを次郎長が双方に説明して頭脳戦でおさめ、
これにより名を売るという結末でしたが、
それで次郎長が好漢だというのはほんのちょっと理解もできたけど、
あの俳優さんでは説得力が・・・・・^^;スマンスマン!!
個人的には鬼吉と大政にくら~り♪ときた熊猫屋。
第二部以降これが是正されて見えるんだろうか(笑)
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 本日の駄文@コメント返礼など
2011年12月03日 (土) | 編集 |
さっきまでテレビ東京の「ローカル路線バス乗り継ぎ旅」シリーズの10弾を見てたのですが、
今回も面白かった(・▽・)→テレビ東京

このシリーズ、太川陽介さんと蛭子能収さん+女性ゲスト1人の組み合わせで、旅を決行
・路線バス以外禁止(しかもその中で高速道路を通るバスも禁止)
・コミュニティバスや、空港への連絡バス(但し高速を使わない)はOK
・決められた日までに到着すること
・バスの時刻や工程は事前に調べず、行きあたりばったり

という縛りがあり、バスが無い区間は歩きありとかちょっとハードで、
目的地まで達成できずに失敗することも多々あるというガチ番組っぷりが他に無くて面白いんですよ。
割としっかりしてる太川さんと、マイペースの蛭子さんの組み合わせと、女性ゲストの掛け合いも笑える。
そういう番組だから、ロクにご飯を食べる時間が無くてコンビニおにぎりだったり、
宿(事前予約無しで探す)もちょっと寂れたとこで素泊まりありの、
旅番組なのに主要な観光地に行けずにひたすらバスっ!も珍しくなく、
予定調和じゃないところがいい(笑)
国内を巡る旅番組で一番好きだな(観光地を行って、グルメ~♪な番組は飽きた)
この番組DVDにしてくれたら買いたいくらい好きなんだけどw

-------------------------------------------------------------
コメント返礼

拍手欄から下さいましたM様。
いつもありがとうございます^^
「徳川三国志」は書きながらキャラクターを覚えていったので、
終わってみるとなんだかんだ言いつつも楽しかったです。
中だるみが激しかったですけど、キャラクターで楽しむ時代劇ってことで♪
1月の東映チャンネルの近衛十四郎さんの「悪坊主侠客伝」の件、
お知らせ下さってありがとうございます^^
何か調べたらトンデモ映画のようではないですかっ!(大笑)
任侠系はノーチェックなんで盲点でございました。
これは見ないとっ!!
来月契約再開決定です(あっさりw)
ほんとありがとうございました。
近衛十四郎さんのことについてはM様の情報でほんと助かります。
感謝♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。