一人の重さ
2009年08月31日 (月) | 編集 |
昨日のショックがありすぎて、二連続です
マスコミの報道を真に受けしてしまう方は、ぐぐるさんで「椿事件」とか、去年私も激怒した「毎日新聞問題」で検索してみていただきたいです
これだけではありませんが、入り口として


民主党の「沖縄ビジョン」はご存知なんでしょうか……ここに投票した方々は……


投票も投票すればいいというものではなく、きちんと中身が何たるかを知った上でないと
「自分の意志」にならないと思ってます
ただ「何となくの印象」では自分で考えた意志とは言えない
何となくでは困るのです
中身を結局知ろうとしてないから、誤った認識のままもあり得るからです
それだけ一人一人の票は重い……


あと、ダメだったら次の選挙で変えればいいじゃんとおっしゃる方もいましたが……一度通った法案はそう簡単に右から左へはいかないと思うのですが……


本当に不安になってきた……
どうなるのだろうこの国は
未曽有の世界的金融危機の中、今までの政策がやっと幸を奏しようとしたとこだったのに(日本だけではどうにもならない世界的なことなのに、結果をすぐ求める人多すぎ)、今度の政権は金融引き締めや予算削減……本来こういう時にやっちゃいかんことやろうとしているのですよ
今まで地道に進めていたことがおしゃかに……景気が良くなるどこか反対の方向にいっちゃいますよこれ

考えるだけ憂鬱になります
スポンサーサイト
 あ~あ……
2009年08月30日 (日) | 編集 |
マスコミの言うことをまんま受け取る人がどんだけ多いか知った今日

これまでの政治に関わる、そしてその後の選挙関連のあまりに不公平で偏向な報道、一方は政策に関係のないことで叩かれまくり(しかも発言の一部を切り取ってさも悪いことのように……)、一方は国策に関わるまずいことを言っても報道されず、酷さもここに極まれりと思っていましたが、
日本はこれから大変なことになると危機感を恐怖に近い感情で抱いてます
民主党のマニフェストをまんまいったら景気回復なんて絶対無理(経済に詳しい方はむちゃくちゃだと一応に言ってるのに……)
あての無い財源(子供いる世帯以外は大増税がきますよ)、官僚を悪者扱いしているけど、官僚はその道を熟知していていわばプロ、何も分からない政治家だけでやるなんて愚の骨頂だし(細かいとこは知らない)政治家に集約するのはむしろ危険、適材適所がある

更に民主党は外国人参政権とか何かと言うと売国なこと言ってるし、(思いきり中国や韓国寄り)国防で日本が大変なことになりそうで心配を通り越して恐怖だし、

更にこの党の支持団体名見たらとてもじゃないけど……


民主党に入れた人は何をもって入れたのかしら……
ただ首を変えればというだけなのかどうなのか……
マニフェストだけでも私はこの党は有り得ないと思いましたが、
本当に日本が心配です
 東映時代劇傑作DVDコレクションの20号
2009年08月29日 (土) | 編集 |
20号は「新吾十番勝負完結編」だそうですね。
やっぱり完結までいくか(笑)。
しかしながら、新吾で橋蔵さん分が埋まるのも複雑なので、
(ここんとこも色々びみょんなのよねぇ・・・・・私的には新吾より若さまの方が燃えるんだが(爆))
他の佳作も入れていただきたいところ。



個人的にあったらいいなと思う橋蔵さん出演作は、

「若さま侍捕物帖」(ただし、紅鶴屋敷か黒い椿が一番できが良いかな?紅鶴屋敷は現代だと例えばテレビで放送できない禁則表現が出てくるのだけど^^;DVDにはして欲しい。紅鶴屋敷のほんのりオカルト風味もいい)。

「花の折鶴笠」(橋蔵さんの二枚目半路線では秀逸な一本だと思ってます。こういうコミカルな側面を実はもっと観たいなと思ったのですよ。そういう演技がうまいんです)。

「濡れ燕 くれない権八 」(これ、文芸まではいかないのだけど、いつもの東映娯楽路線ともちょっと違う雰囲気もあったりしていいですよね。右太衛門御大とのやりとりもピンと張った空気が好きです)

「朱鞘罷り通る」(これの歌舞伎場面が惚れぼれ・・・・・(笑)ソフト化になってないんですよねぇ)

「大江戸の侠児」と「この首一万石」・・・・まだ観れてない・・・・しくしく。

「恋や恋なすな恋」(これこそDVD化すべき作品だと思うんですよね。内田監督作品なのもあるけど、あの凄い色彩はVHSでは絶対足りない。DVDで観たいなぁ・・・・・凄く観たい。当時、ああいう演出考えたのも面白いし、明朗簡潔のま逆をいって感覚で魅せることをあの時にやっていたというのも興味深いし・・・・・たぶん時代が早かったんだと思います。今だからこそ今DVDで見せてほしいのですよね。もっと評価されてもいいとおもう。)

「緋ざくら大名 」(これ、人によっては「熊猫屋・・・・なんでこのベタ甘娯楽を」と思われるかもしれませんが、あえて。現代の時代劇って「楽しい時代劇」が極端に少ないのですよ。無条件に幸せになる時代劇。昔の作品を観ていると重厚な時代劇もあればこういう対極のものも実は沢山ある。なぁ~んも考えないで「あはは」と笑って、でもしっかり所作とかはなっているんで安心して観ることができる時代劇。本作はそういう作品。それに、いまどきの時代劇で、若様らしい・お姫様らしい品のある雰囲気出せる役者なんていないでしょ?重厚&殺伐時代劇とは対極でこういうのもあるということで。ほのぼの感がたまらん(笑)時代劇の幅は結構広いですよね♪)


言わないとDVDにしてくれなさそーな作品をあえて言ってみました(笑)。
特に、東映時代劇DVDコレクション見てると、こ~楽しいっ!!っていう作品をもっと入れて欲しいと私は思いましたですよ。
殺伐・重いのばっかりが時代劇じゃないといっつも思ってるクチですが、
(一般的に)重いのばっかり珍重されるのも、楽しい時代劇好きには納得いかん!(笑)。
楽しくてどこが悪い!明るい時代劇もいいではないかと。


話ズレますが、
重い演技って別の見方をすれば演技してますというのがわかり易いんですよね。
深刻な表情とか、全身から重い雰囲気出すとか。
(↑私はこういうのがうまいと言われる俳優でも、逆に演技過剰で「え~どこがうまいのか?」と思うことがよくあるのですが・・・・・)
喜劇演技(喜劇役者は賞をなかなか得られない)や何気ない演技が評価されにくいのも、演技してるのがみえにくい故に・・・・あるいは軽く見られるというのがあるような気がするのですが、
眉間にしわ寄せてりゃうまいってわけでもなかろう!とも思うのです(笑)。




テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 長崎犯科帳#17・復讐にかけた姉妹
2009年08月26日 (水) | 編集 |
今日の長崎犯科帳、
BGMにエンディング曲を使用したり変わった使い方してましたねー
お奉行は良順と飲んだ酒が質が悪くて悪酔い、
果たして、貧しい人を食い物にして酒にまぜもの(薬)をして酒から離れられなくして搾り取るとんでも酒屋
裏に潜む悪徳商人と、うらみをもって仇討ちの機会を待つ姉妹

あと一歩で討ち損じた姉妹の姉の前に闇奉行が現れ、闇の悪をぶった切る!



うたさんは今日も忠四郎さまに振り回されて資料の山に埋もれ(笑)

闇奉行の今日の殺陣もかっちょよかったですね~♪
最後の娘への裁きの温情も良かったです
 長崎犯科帳#15・花嫁替え玉大作戦
2009年08月24日 (月) | 編集 |
忠四郎さまにも、いい人がいたとはねぇ~
押しかけ女房は御免といいながら、偽菊江が去ったあと、闇奉行に助けられた本物になじられ、挙げ句
「闇奉行の方が云々」と本人(忠四郎さま=闇奉行)を目の前に闇奉行を褒めちぎられる始末

……最後の忠四郎さまのリアクションは、ちょっとは惜しかったのかな?


ところで、「長崎犯科帳」終了後は9日から「必殺仕事人Ⅳ」ですてよー
朝っぱらから必殺なんてヘビーな(勇次が観られるけどさ~朝はキツいよ・笑)
(-.-;)
捕物枠に戻して…お願い


 お江戸紀行(平成21年夏編)其の一
2009年08月22日 (土) | 編集 |
東京から帰ってきました。
帰ってきたはいいが・・・・・・今週すでに秋に入ったかと思われた地元が暑い^^;
絶好の洗濯日和でしたわ(笑)

日差しを避けるために、今回は東京巨大地下通路を有効活用。
帝国劇場のある有楽町・日比谷方面も、歌舞伎座のある東銀座方面、それから東京駅方向まで、
歩いてみましたが直射日光対策にはいいですねぇ♪
地下でも暑かったですが(笑)

さてさて歌舞伎ですが、今回は夏の三部構成のうち、最初の一部だけを観て参りました。
・・・・・で、今の歌舞伎座では最初で最後の三階席体験ですっ。
今までは1等席や2等席でしかも1階しか体験していない中、2階飛ばしていきなり3階(笑)。
どんなとこかしら?と思ったのですが、1階ほど人がいないのでイヤホンガイドを借りるのは楽でしたね(1階の貸出のところは激混みですものね)
トイレも比較的余裕。
その分、アイスとかたいやきとかは買えるけど、売店らしい売店は無い。
服装も1階の粋で華やかな着物の紳士淑女はなく、皆さまラフな感じです。
席のゆとりは1階ほどなく、見えないとは思ってたけどここまでとは・・・・ほんっとに舞台「だけ」しか見えないのが三階席でした(笑)。
花道が見えないって結構キツイのね。展開が見えない部分が出てくるし。
しかも、前方席の人の頭が舞台を遮ることが結構多く、これはちょっと・・・・・と感じました。
値段だけのことはやはりあるものです(あはは)。

大向うさんのリアルな掛け声が拝めましたし、歌舞伎座の天井が間近に見えるわ、
舞台を上から展開を見られたのは逆に収穫です。
特に、今回の演目のうち「天保遊侠録」の廻り舞台の展開の様子がとっても面白かった。
終盤屋敷から門を出ると、表の道になっていて篭が用意されている。
それを上空から見ると舞台装置の繋がりに「へぇぇぇ~」と。
こりゃ1階では見られないわ~と、その点は良かったですね。
しかし、やはり私程度はちゃんと話の筋をつかむためにも1階で見た方が無難ですね^^;

「天保遊侠録」は世話物ですが、世話物を観ていると、
現在作られている時代劇に物足りなさを感じるなら、リアルで観るなら歌舞伎に行け!
と思います。
少なくともここには所作とかありますものね。言葉遣いも。
世話物なら別にイヤホンガイドが無くても普通に時代劇を観るように楽しめますし、
時代劇という空気を感じられるのは嬉しい。
歌舞伎がいいなぁ~♪と思えるようになったのもこういうのが一つかなぁ。
勝小吉(本作の主人公)は後悔先に立たずというか・・・・・・
後先考えずに考えるより先に手が出てしまうタイプのようで、
気付いた時には身から出た錆で、最愛の息子と離れ離れに・・・・・・・
(息子に言われた言葉がぐっさりと・・・・・・^^;;;)
小吉の言うことは正論ちゃ正論なのだけど、
その立ち回りが子供っぽいというか、知恵が回らずすぐ身体に出てしまうのね。
息子のために一生懸命なお父ちゃんではあるのだけど。
橋之助丈のそこんところの緩急ある演技がよかったなぁ。

「六歌仙容彩」は華やかな踊りでしたねぇ。三津五郎丈の変化が色々と・・・・(笑)。
僧正遍照・文屋康秀・在原業平・喜撰法師、最後は大伴黒主。
1人5役で小野小町を口説いていくのだけど、時に艶やかに、時にコミカルに、時に勇ましく、
その変化の様がそれぞれに別の色がありました。
小野小町の福助丈がすっごい綺麗だったわ~♪(舞いも優雅だし)。
三階席でこの演目見ちゃダメだと^^;花道で何かやってるんだけど見えない~とか、
踊ってる姿が前の人の頭で見えない~とか、障害ありすぎでした^^;ははは


--------------------------------------
あ~、そういえば「六歌仙容彩」といえば確か大川橋蔵さんが出演されてたことがあるはず!と、
調べましたですよ。
1946年 5月東劇(東京劇場)にて、喜撰法師を六代目が演じておられた際に法師を迎えにきた坊主の一人、所化浄念坊を演じてますね(他に二世松禄丈や、今年亡くなられた二世中村又五郎丈なども一緒に)。
おもに女形の方なんで官女あたりでも演じてなかったっけ?かと思ったのですが、坊主の方でした。
他の年も坊主が多いけど、1952年 2月の歌舞伎座で1度だけ官女やっておられますね。
女形とはいえあの官女って形相が・・・・・と思ったので(笑)、坊主の方が似合うかなぁ~と(爆)
テーマ:伝統芸能
ジャンル:学問・文化・芸術
 長崎犯科帳#11・真夜中の逃亡者
2009年08月18日 (火) | 編集 |
録画は前回してたけど、11話は観てなかったよ~な

阿片にまつわる闇仕事な回です
医者の立場から長崎から阿片を撲滅したい良順はイライラしっぱなし
三次はひょんなことからある娘と知り合うけど、その娘=おこうは下っ端の阿片の運び人
始めは病気の母の薬代に悪いことと知りつつ運び人をしていたが、抜けられなくなっていた
おこうは役人に追われて三次のもとに逃げ込み、そこで三次ははじめておこうが阿片の運び人と知る

--------------------
運び人はじめたきっかけもわかっているのだけど、ちょっとおこうにイラッとしたのは私だけかしら?(^_^;)
末端とはいえやってることはう~んなことで、なのに終始よい子ちゃん空気を出していたせいかもしれない
自分のことで立ち回ってばかりで誰かのために劇中動いていないせいもあるかも(人に頼ってばかり)

闇奉行の殺陣は今日も瞬殺、良順もひとつき
闇奉行より三次の回でしたかね
 コメント返し
2009年08月17日 (月) | 編集 |
江戸椿さま

遅ればせながら
(^_^;)すすすすみませんっ

大原麗子さんの「銭形平次」出演回の詳細をありがとうございます
回はわかってましたが、いかんせんモノクロ回はまだ大部分を観ること叶わずなので、助かりました
「春日局」に丹羽さんが!?うひょ~、そちらにびっくり
なんのお役だったのかしら?初々しい雰囲気だったのでしょうね
大原麗子さんは可愛らしさと艶っぽさの両方を兼ねた女優さんでしたよね
今年は鬼籍に入られるビッグネームが多いですね
 長崎犯科帳#10・ウンスンカルタは地獄札
2009年08月17日 (月) | 編集 |
意識の無い中、自分がやっちゃったか分からないと、良順にどーでもいいじゃないかと言われても普通気になりますよねぇ
(´・ω・`)
はっきりとやってねぇ!と言ってくれないということはやっぱり……とか
(´・ω・`)グルグル

今日の闇仕事、良順のやり方が脳天にブスッとやって間を置いてじわじわなのがえげつないです~(苦笑)
ほんと容赦ねぇ……
(^_^;)
 長崎犯科帳@#6・虎の罠を噛み破れ
2009年08月11日 (火) | 編集 |
今日は、偽闇奉行の話でしたね~
短筒(ピストル)で一般人まで巻き込んで、短筒の闇売買……
初めは偽闇奉行出現に、へへ~んざまぁ!な良順も、市民が巻き込まれてこの件を引き受けようとします
しかし、罠も考えた忠四郎さまは今度は逆に腰が重い
なんでぇ!それなら俺だけでやると半ば逆切れ気味の良順(笑)


……最後はやはし美味しいとこをかっさらう忠四郎さまですけどね
しかし、六話で既に偽闇奉行が出るとは、世間に知れている様子
………そりゃそうだろうよ、あれだけ派手だもの(爆笑)
 「必殺渡し人」DVD-BOX
2009年08月10日 (月) | 編集 |
予定通り「必殺渡し人」のDVDBOXを入手しました(笑)。
ちょろっと観たのですが、やっぱり好きだぜ渡し人♪

しかし、デジタルリマスターしてるらしいのですが画像はそんなに良いとは思えないなぁ。
ま、古いからしょうがないのか??
仕様は二枚組CDと同程度のパッケージで、プラケースに4枚のDVDと別途ブックレットが封入されております。
コンパクトなので場所はとらないです。
しかし、巷のゴージャスBOXと比べるとどうしてもしょぼいんだが・・・・^^;
(需要が少ないと思われてそうな仕様・・・・・(泣))
アマゾンの箱を開けた瞬間見た時、
「うわっちいさ~い!思った以上にしょぼいじゃないか」が感想第一(苦笑)。

それでも、いつでも渡し人を観ることができるのでいいのだ。
観たところ、1回1回オープニングとエンディングが入ってるわけではなく、
DVD1枚にそれぞれ1回らしく、そこが不満ですかね。
特に最終回!
私の記憶ではお直が一人置いていかれて途方にくれるのと、
中村雅俊の「一瞬(ひととき)の愛」がかぶってたように思ったのだけど(気のせい?)
ふつーに他の回と同じ風に流れてるんだよね・・・・・。
地上波放送(再放送ですが)で最終回を観た時、それで泣けたので、
ちょっとこれは無い・・・・・と収録方法に疑問。
ケチらないで入れろと(笑)。

話変わって、改めて最終回を観ると、
お直に何も言わないでそのまま行っちゃうのって、惣太・・・・・あれでよかったのかなぁ?
自分の身近な人たちが突然姿を消してしまったら、
危険な道に連れて行くよりもひょっとしなくても心に傷が残るんじゃないかと思って。
お直にだけは事情くらい文(ふみ)でもいいから残してほしかったなぁとも、
今観ると感じるところであります。

大吉のレントゲンひねりと、忍せんせーの入浴シーン(あいや・・・・・お清めか)は何回観ても笑えますな(笑)。

少人数精鋭で長屋ってとこも好き。
派手ではないけれど、裏稼業故の後ろめたさや表の人たちに知れたらチーム解散するところも、
ちゃんと出ていていいなと思ってます。





テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 長崎犯科帳@#5・殺しの番号二・三・一
2009年08月10日 (月) | 編集 |
富札をめぐる不正と悲劇の話
今回はあまりスカッとこない話でしたね~

……というのも、当たり番号不正で嵌められたとはいえ、あの大工ときたら妻にやめてと言われてもやめないギャンブラーだったし、更に自分の不始末も遠因なのに自殺しようと妻子を巻き込んだ
女からすれば冗談じゃないわーですよ
そのせいかあまり同情心がわかん
闇奉行が[本当の下手人は富札だ]と言ってもだ

今回は火攻めがきましたね
ほんと道具は何でもありだな@ダイナマイト

殺陣は今日は飛び道具と、刀は突きでございました

チェスに夢中な闇奉行、呆れ振り回される宇太さんで締めでした

 長崎犯科帳…良順て/大原麗子さん死去
2009年08月07日 (金) | 編集 |
「長崎犯科帳」の小暮良順て、「良順」なのか「良純」なのか……どっち?
確か昨日か一昨日まで「良純」てなっていて、今日見たら「良順」になってるの
(´・ω・`)
まーどっちでもいいといや身も蓋もないですが(笑)、妙に気になるですよ
個人的には「良順」の方がしっくりくるけどね
(あの闇医者に「純」の字は似合わないなと…同じような理由で変わってたりして(爆笑))



そういえば、大原麗子さんがお亡くなりになられたそうで、難病と闘っていらしたとか
(´・ω・`)
印象に残る時代劇はやはり「春日局」だな~話し方は実は苦手でしたが、演技は素敵な方でしたよ
そういえば「柳生一族の陰謀」にもご出演されてましたっけ…DVD観て故人を偲びましょうか
(橋蔵さんの平次にもモノクロ時代にゲスト出演あるようで)
謹んでご冥福をお祈りいたします
今年は大物の方の鬼籍入り多いですよね
(´・ω・`)大原麗子さんはまだそれには若すぎる

今月は芸能ニュースが荒れているしねぇ
 長崎犯科帳、再び
2009年08月04日 (火) | 編集 |
今日から時専で「長崎犯科帳」始まりました
あ~闇奉行に良順、三次、おぎんにお文に宇多さん、久しぶり~
そして、凧とかすてぃらも!(爆笑)

前回放送が昨年12月16日初回ですから、時専さん間をおかなさすぎ(笑)
とりあえず、当ブログではレビュー前回書いてない回(5・6話以降とか)中心に補完予定です
再び観てもやはり面白いなぁ
キャラクターが濃いですよね