スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 必殺仕事人Ⅳ#35田中筆頭同心見合いする
2009年10月30日 (金) | 編集 |
ちょ……w
田中様の部屋……乙女っっw
(おかめ顔のお見合いの相手には「おかまみたいな人」と露骨に言われちゃうしそういえば"じゅんちゃ~ん"な玉助といい、レギュラーにおかまキャラが二人も……(笑))


今日は勇次が良かったな
身代わり犯人となり、その相手の勇次という男(後の大だなの主人で名前が同じ別人)とそいとげることができると信じてた、おちかという女
島からでると男は彼女を利用しただけ……しかもおちかが邪魔なので斬られるのだ(酷い)

勇次は「勇次違い」だったわけだけど、死にゆくおちかに、俺が勇次だ、ずっと待っていたよと彼女の最期に言葉をかけたのよ……

……勇次、優しいじゃないか(泣)


「勇次」が誰かわかるまでの、一本の線につながるまでのすれ違いと勘違い(勇次、加代、おちか、大だなの主人)がよかったですね

勇次は今日は糸二本を二人にかけて引き上げましたが、いくら梃子の原理があるとはいえ、力あるな(笑・荷車も一緒)
町人姿の時の白い着物が色っぽい

スポンサーサイト
 必殺仕事人Ⅳ#34主水、失神する
2009年10月29日 (木) | 編集 |
今日のは、殺害されたご主人の奥さんが、仇討ち依頼で加代に髪を売るのだけど、
尼になった後に、亡きご主人が秀に依頼した簪が完成して、奥さんの手に渡され……

今日はこの場面が泣けたなぁ……
もう亡き夫、簪を挿す髪もなく……「賢者の贈り物」の一方通行版だよねぇ
(´・ω・`)
 必殺仕事人Ⅳ#33勇次、悪女軍団と対決する
2009年10月28日 (水) | 編集 |
Ⅳは1983年作品で、男女雇用機会均等法の正式な制定(1985年)の二年前のようなのですが、世相とか反映されているのでしょうか?
今回の離婚させ業

あ~、今日の話、こういう
「男なんてっ!」なフェミ、同性から見てもドン引きしますわ
現代でもいますよね
私は男だろうが女だろうがそういうの大嫌いです(フェミもそうだが、逆もしかり)
お互いもちつもたれつなのにね
逆にそういう一方的な態度が摩擦を生むだけで、なんの益ももたらさない
男女云々というより前に、人間として相手にその態度どうなのよ!?と思いますですよ

なんか……今日の必殺、そういう意味でもちと結末はスカッとはしました(苦笑)


秀が離婚させ屋の様子を天井から探っていた時、嫌なもの見ちまった的な渋い顔をしていたのは気のせいか?(笑)

声高に男なんてとか、女なんてとか言う類は、
異性に対して認識と理解が足りないから出ると思うでありますが、いかが?

 必殺仕事人Ⅳ#32主水、超能力山伏に部屋を貸す
2009年10月27日 (火) | 編集 |
昨日といい、今日といい、秀と勇次のコンビネーションがかっちょいい、必殺仕事人Ⅳです(笑)

ほぼ同時に仕掛けるⅣのイケメン担当(爆)
今日のコンビネーションはなかなか良かったですねー

秀、あの親子が亡くなったことをお民ちゃんにどう説明したんだろ
(´・ω・`)

主水の殺陣、今日かっこえぇ!と思ったのは私だけ?

そういや橋蔵さん版「銭形平次」で(目明かしが「正」の作品なので)闇の仕事人否定な回があったのを覚えてますが、
今日の必殺にでた目明かしはガラが悪いですね~(笑)
しかし、史実としては今日の必殺の方が目明かしの実態に近そうな気がします

Ⅳも残り少なくなってきましたが、ちと都合上、今週一杯で一時スカパー視聴停止、再開は来月中旬以降かしら?
なので最終回を観られないのが残念です
 必殺仕事人Ⅳ#30勇次、投げ縄使いと決闘する
2009年10月23日 (金) | 編集 |
今日は勇次回~

女衒により大黒屋に売られた姉妹、その姉は自分の身をもって妹を逃がすが、姉は殺害される、妹は以前道すがら出会った勇次に仕事人に恨みを晴らしてくれと頼むが……

勇次、大人の女は慣れているが、おぼこ娘の扱いにゃ慣れておらず、迷惑かけないからここに置いてと娘に言われて苦笑、秀にもどうするつもりだ?と突っ込まれる(笑)
……で、俺はそんな(人の良い)男じゃねぇと、遊女とよろしくなとこを見せて、娘を目覚めさせたわけだが……もちっと別な方法はなかったのか(笑)
勇次も裏家業はクールだけど、根は優しいだけに今日みたいなことがあるのかな
世間をまだ知らない女の子が、あんな風に優しくされたら、本気に思ってしまうよね~罪な奴(笑)

勇次の仕置き場面が今日は、馬上投げ縄使いが出てきたので、いつもは「静」の様式美な勇次の仕置きが、「動」もちょっと入り、また馬上の人間に糸をかけて馬から引きずり落として絞めるという、引っ掛け技以外が出てきました
静かに進行するいつもの勇次と違うので、面白かったですね
しかし、勇次の様式美はあのパターンにはまっているのがまたいいわけで、好きなとこでもあります

主水の仕置き場面も良かったですね(姉妹の蛇と蛙の入れ墨に引っ掛けて、俺の背中に書いてくれよと後ろ向いて刀抜くやつ)

今日はそういえば依頼人がやられなかったですねっ
(・ω・)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。