スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「浪人街」(1957年・松竹・近衛十四郎版)
2014年06月15日 (日) | 編集 |
DVDをずっと放置しっぱなしだったのですが^^;
本日鑑賞。

この映画、ほんとにも~どうにもこうにも阿呆な男どもがこうも出るのかと、
見ながら途中までは苦笑しっぱなしでした(笑)。

近衛十四郎さん演じる荒牧源内なんざ、きんちゃっきりのお新(水原真知子さん)のヒモ状態で、
お金が無くなったら帰ってくる。
で、普段は湯女の小芳(高峰三枝子さん)のところでだれ~んとしていて、
お新がちょっと小声でカタギになりたいなんて言おうものなら、
それで俺を養っていけるのか?とぬかしやがる源内。
おいおいおいそっちの心配かよ!!!と、
ほんとにね、ど~しようもないやつなんですよ。
途中まではお新さん可哀想(T▽T)と泣けてくる。

河津清三郎さん演じる赤牛弥五右門は、金の臭いのするところ、酒の呑める臭いのするところ、
かまわず出没。
そのためならば、普段は目の敵にもしている旗本にも尻尾を振る始末。
こちらもど~しようもない男。

また北上弥太朗さん演じる土居孫八郎は仕官先が決まったはいいが、
殿さまから拝領した太刀を質に入れちゃっていたもんだから、
あれが無いとヤバい。
それで自暴自棄になるんだが、その意味でこいつもど~しようもない男。
逆に妹のおぶん(山鳩くるみさん)が心配して行動するのだけど、それで彼女が危ない目に(・・・・)。


旗本連中については最初から最後までど~しようもない雑魚ばっかなので割愛(笑)

格好良い男なんざこの映画で殆どでないよ!!(爆)
唯一まともそうなのは、お新とは昔・・・好きあっていたのかな?
ちょっと硬派な藤田進さん演じる母衣権兵衛くらいだわ。

でも、そこがいい。

そんなど~しようもない連中・・・・
特に荒牧と赤牛なんだが、結局女(お新)の為に立ちあがるんだよね。
阿呆なんだけど、憎みきれない連中なんだ(TωT)

荒牧なんて、お新さんが旗本連中に捕まって車裂きにさせられそうになっていることをおぶんから聞いた当初は、
自分が旗本の最終目標だって知ったもんだから、
一度は行かないような行動をとっちゃうくらい阿呆なんだけど、
やっぱりお新のことはあんなヒモ状態でも想ってる荒牧。
めっちゃ沢山の敵相手に一人でつっこんでいくのですな
近衛十四郎さんの立ち回りたっぷり見ることができて幸せ~♪

反則技くらいに泣かせてくれるのが赤牛。
旗本側について、けしかけていたのですが、最終的には荒牧側について、
荒牧とお新・そして母衣を行かせて一人で立ち向かうのですよ!!!
そんな場面になっても、荒牧たちに一升の酒な!!!と指たてて笑って約束させて、
刀を抜くの。
ずっと陽性キャラクターだった赤牛が、旗本を斬りつけることに成功するのだけれども、
同時に彼も・・・・・・
その時の表情にほんと泣かされる。

母衣は、亡き赤牛を・・・・彼が大好きだった酒を捧げて弔い、
そして、お世話になった居酒屋のおやじに礼を言い、
一人捕方につっこんでいく・・・・・(荒牧とお新は既に逃がしてると思われ)

荒牧と母衣と赤牛は、ただ一人の女の為に立ちあがったのね。

お新さん、ほんと途中まで可哀想すぎる!!荒牧ひでぇ!とまで見てたのですが、
こんなに惚れられてるてお新さん凄い。

近衛十四郎さん・・・・今まで東映時代劇等ではどっちかというと色気よりも、
温かみのあるキャラでええなぁ^^って感じだったのですが、
この映画ではも・・・・そこはかとない男の色気が素敵ですぅ♪(//▽//)惚れ
何気ない目線とか、くぅかっちょええ!浮名を流すのも説得力ありますぞ(笑)。

最終的に美味しいとこかっさらったのは、
河津さんと藤田さんだと思うのですが(近衛十四郎さんの荒牧は終盤フェードアウトしてますんで)
人間的かっちょ良さの無い男達の、きっかけは女だがその生きざまを描いた、
とっても素敵な映画だと熊猫屋は感じました。
ラストにかけての見ごたえはたっぷり!!
(女性陣の華としての役割もたっぷりですが、高峰さんの粋な雰囲気が特に素敵)
DVD廉価版で出ているので、オススメでござりまするよ。


あの頃映画 浪人街 [DVD]
スポンサーサイト
テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
 映画「江戸群盗伝」(1958年・松竹)
2012年05月06日 (日) | 編集 |
(あらすじ)※衛星劇場より

覆面のゆくところ美女と怪盗入乱れて波乱を呼ぶ!柴田錬三郎の傑作映画化!
美女雪姫の正体は?八百八丁を恐怖に包む快盗三人組、謎の大名屋敷に乗り込む!
田沼意次の悪政に挑む群盗3人組の快刀乱麻の活躍を描く痛快時代劇。
旗本くずれの豪傑・梅津長門、牢破りの侠盗・三日月小僧庄吉、刺青の風来坊・佐原の喜三郎の3人組が、幕府の圧政を討つべく河岸人足の集団を巻き込んで大乱闘を巻き起こす。


出演:近衛十四郎 名和宏 北上弥太郎 花菱アチャコ 瑳峨三智子 福田公子 伊吹友木子 ほか

-------------------------------------------------------
edoguntouden.jpg

柴錬の原作がそうなのか?いや、原作をはしょりすぎてわけわかんない物語になったのか?

「え~と~・・・・・どこをどうつっこんで良いのやら」と、
見終わると困惑のぶっとんだ一本(笑)

何で男(梅津)に犯された女(雪姫)が脈絡もなしに男に惚れるわけ!?

ここが一番わからない。
ひょっとしたら、原作にはもっと深いわけがあって、それを端折ったばっかりにわかんなくなった可能性もあるのか・・・・も・・・・?しれないけれども、
これぢゃあ・・・おひぃさんなのに雪姫がただのビッチ・・・・orz

更に、母親のトラウマから「女ギライ」と自ら公言し、
雪姫を犯した時も、なんの感情もなく犯したと言った梅津が、
雪姫ラブになるのもさっぱりわからん^^;
(女は嫌いだといって、幕府に反感をもっていたからって無関係の姫に辱めをという梅津の神経も共感できん)


無礼打ちにあった三日月小僧の父親。
その父親の仇を討つために島抜けしてきた三日月小僧に、
梅津が助太刀するのは分かるのだけど、
酒場で寝っ転がって盗み聞きしていた喜三郎が、
俺も助太刀すると言うのはいいけれども、
喜三郎に何の疑いも持たずに、二言三言言葉を交わしただけで仲間入りさせるっていうのもよく分からない。

で、最初は仇討ちメインの硬派な話かしら?と思ったら、
雪姫さんが忍び込んできた初対面の三日月小僧&喜三郎相手に梅津様に合わせろとなって、
風流軒貞宝(花菱アチャコさん)宅にかくまわれるくらいから
「恋の話」中心になっていたような(笑)

花魁の花鳥が、好きあっていた喜三郎に(吉原の女となった)自分は顔向けできないと会わないのはわかるし、
喜三郎と花鳥(おとよ)の顛末は、わけわからん(爆)梅津と雪姫の流れよりはずっと自然で、
また共感できる部分があるし、泣ける。

(それにしても花鳥・・・・すべて人のために動いてあんな結末とは可哀想すぎる・涙)

更に、三日月小僧の仇討ち成就はいいのだが・・・・(倒したのは梅津)
相手の須賀という男、
雪姫の母親が将軍家に嫁がされる前に好きあっていた旗本の男だったというオチが。
それはいいのだけど、雪姫は母親が将軍家に嫁いでから大奥で苛めを受けていたということや、
好きな人がいたことを知っていて、須賀がその母親の相手の男だった、それが梅津に倒されたのを見たのに、
ラストで梅津と逃避行という雪姫がこれまたわけわからない^^;

(悲劇の母親と同じ道をいかず、好きなひとと成就するという意味合いがもしあったとしても、梅津との流れからして、これまた共感しにくいというか・・・・苦笑)

最後まで「え~と・・・・」と、
困惑しながら観ることになってしまった映画でした^^;

近衛十四郎さんの見どころポイントは、イカ頭巾が相変わらず似合うわぁ~とか、
花鳥がお相手している時のキセルを手にごろんとしている姿が思いがけず色気があるとか、
ぬこ様が梅津の懐でにゃ~♪としている時になごんだり(「月影兵庫」では見られないシーンだw)、
本筋と関係無いところで近衛十四郎さんを堪能していた熊猫屋でございました(笑)

嵯峨三智子さんも大好きな女優なのに・・・・何かこの作品の位置づけはちと残念でしたわぁ。
出番は結構あったのに^^;


テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
 映画「赤城の子守唄」(1957年・松竹)
2012年05月05日 (土) | 編集 |
(あらすじ)※衛星劇場より

凶作にあえぐ天保末期、代官所の米を村人に放出し赤城山に立て篭もった国定忠治!
関八州血祭りだ!今宵のドスは荒れるぜ。
近衛と召し捕り包囲陣との大立ち回り。
おなじみ国定忠治の物語を子分・浅太郎の活躍に焦点をあてて描いた股旅物。
凶作にあえぐ農民を見かねた国定忠治は、代官所を襲い貯蔵米を奪いそれを農民に分け与える。
その後、追われる身となった忠治は、子分たちを引き連れ赤城山に籠城。
子分の浅太郎は、そんな忠治の窮状を案じ東奔西走するが、すでに一味に密偵が紛れこんでいて……。

出演:近衛十四郎 名和宏 北上弥太郎 小笠原省吾 水原真知子 福田公子 龍崎一郎 石黒達也 ほか

----------------------------------------------------
kunisada.jpg

わーい♪久々の近衛十四郎さん出演の映画鑑賞です。
モノクロ映画なんで、実際の色は分からないのだけど、
近衛十四郎さんの序盤の黒っぽい衣装は渋くてかっちょ良かったなぁ(もしかして襦袢はストライプ!?)

てっきり、十四郎さん出ずっぱりのいつもの映画かと思ったらさにあらず、
え!?この映画浅太郎が主役なの!?ってくらい浅太郎大活躍(笑)
序盤でお町ちゃんを助け、忠治親分とお徳姐さんが会えるようにはからい、
最後にゃ勘助の子どもを引きとるなど(タイトルと繋がってるし)
忠治親分より出番が多かったような^^;←序盤で大立ち回りの殺陣シーンまで用意
(この映画の一番の泣きどころは浅太郎のために勘助が・・・・という勘助最期のシーンでしょうか。
いくらなんでも勘助可哀想すぎる・・・)

しかし、後年はテレビ時代劇等で悪役もされいる名和宏さんが、
白塗り二枚目系とは!
男前でござんしたよ(・▽・)

気のせいか、国定一家(忠治含む)の演技が舞台芝居がかってるというか、講談調?でしたよね
(ラスト出陣前に忠治が愛刀の小松五郎吉兼を持って口上のようなものを述べるシーンとか)
面白いわぁ~って見ておりましたが、
国定一家が集合しているシーン以外は普通の話し方だったりで、
どういう演出意図だったのかな?と思ってみたり。

政吉の立ち回りがどうなるのかなぁ・・・・と思ったけど、
よもやあんな繋がりと、あんな結末になるとはねぇ。
彼もまた哀れでございました。

近衛十四郎さんの殺陣はいつもよりは(量的に)控え目に見えましたが、
それでもラストシーン付近では堪能できますぇ^^


主題歌は東海林太郎さんが唄う「赤城の子守唄」でした→つべ


テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 映画「悪坊主侠客伝」(1964年・東映)
2012年01月10日 (火) | 編集 |
(あらすじ)※東映chより

文明開化の時代を背景に盲目でめっぽう腕のたつ怪僧・鉄心が大暴れする痛快活劇。
盲目となり地獄を生きてきた破戒坊主、南無法華の鉄心が自分の目を潰した武平太を探し旅をする。
ヤクザ相手の喧嘩、武闘家たちとの決斗。
死神と名乗る冷酷非情の男とのすざましい対決。
鉄心が仕込杖をふるって活躍する痛快アクション。
怪僧・鉄心には近衛十四郎、悪役死神には東千代之介が怪演。

(キャスト)
近衛十四郎/東千代之介/尾上華丈/北条きく子/千原しのぶ/三島雅夫/田中春男/阿部九州男/須賀不二男 他

-----------------------------------------------------------
(感想など)

( ゚д゚)ポカーン

話には聞いたけど、すんごい映画ですね。
これ的確に説明できる人いらっさるかしら?
この映画は「見ないとその凄さが分からない」としか言いようがないわ。

一見近衛十四郎さんによる座頭市系ラインかと思うところが、
自分を盲目にした仇をうつために斬りまくる姿の悪辣さもさることながら、
かといって腐れ坊主一辺倒かと思ったら、女子供に対する情深さは
この映画と真逆の近衛十四郎さんが主演した涙腺崩壊人情映画「無法者の虎」を思い出すような優しさにあふれ、
でも内容はめっちゃ外道で負の連鎖、不気味ささえ醸し出すという、
なんとも無常感に溢れたカオスな映画に仕上がっております。

娯楽映画っちゃ娯楽映画なのだけど、
いつもの東映時代劇のような(この映画は任侠映画ですが)スカッ!とした感じは全く無く、
主人公の鉄心は自分の仇をうちますけれども、
それが新たな負の連鎖を生み、新たな不幸を生み出す。
鉄心が密かに心を寄せた女・お園が嘆いた涙はズバリそれでしょう。

それにしても、生々しいというかなんというか・・・・・
ヤクザ者だったお園の父親が殺され、その巻き添えで鉄心が目をやられ、
ラストまで続く「負」は、止めるに止められない、やらざるを得なかったという気持ちも分かるであります。
どう行くのが正しかったなんて映画の最後まで見ても答えは出なかったでしょうが、
千代之介さん!!!(^ω^;)

東千代之介さんは善人でも悪玉でもあるようでないようでな役で出演しておりますが、
近衛十四郎さん演じる鉄心の前に現れた時、自分を「死神」と名乗るんだなww
(※「新必殺仕置人」ではありません・笑)
かつて惚れた女・お俊にうり二つのお園に一目ぼれして、神出鬼没に鉄心の前に立ちはだかる役です。
(別の男に寝とられて、お俊もろとも一瞬のうちにたたっ斬るというのが何とも^^;)
千代之介さんって、他の東映スターと違って洋装でしかもロン毛に違和感ないですね
(わはは・似合ってる!イケメンじゃん!)。
そうそ、そのクールビューティーな雰囲気がある千代之介さんは悪役っぽい役が結構はまります。
一見何考えてんだかわかんない役とか合うなぁ~♪
千代之介さんが洋装で斬りまくるという姿、時代劇とはまた違った様相を醸し出しております。


他のキャストを見ると、沢村宗之助さん(黒川役)が安心の小物悪役クォリティー(笑)
いつもどっかでポカする悪役さんなので、どっかでフェードアウトすると思ったら、
あーあーあー・・・・やっぱり^^;;
田中春男さん演じる長吉。
田中さんは陽性でコミカルな役も多い方ですが、今回もスリやってる男だけど人の良い男を演じておりました。
それだけに、あの最期はムゴすぎる!!(TωT)酷い

ムゴい最期をとげた長吉(鉄心から連なる負の連鎖にて死亡)の息子の大吉が何とも不気味というか、
あのラスト見た方は、
やったー!と血まみれで叫ぶ鉄心より、
鉄心を叫びなじるお園よりも見る者の記憶にザワザワとしたものを植えつけるわ。
長吉が存命中はあんなに子供らしくて愛らしかった大吉が、
表情を無くして何か大人に対する冷めたような目を見せるのがコワイ。
(最後大吉が何かつぶやいていたけど、何言っていたのか・・・・ ((((;゚Д゚))))ガクブル)

逆手に刀を持った近衛十四郎さんの殺陣も充分以上に楽しめ、
カオスで外道な展開が平気だという娯楽好きにはなんとも言いようがないながらも、
もう一度・もう一度と繰り返し見たくなるような中毒性にあふれていると思う(笑)
年代的にはもうとっくにカラーの時代のはずだけど、
あえてモノクロっていうのもこの映画に合ってますね。
というかモノクロだからこそのこの不気味な雰囲気。
(音楽も大袈裟だけど煽りまくってますよねー・笑)

久しぶりに「何だかわかんないけどスゲーや」な映画でございました。



 
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 映画「柳生一番勝負 無頼の谷」(1961年・東映)
2011年11月05日 (土) | 編集 |
(あらすじ)※東映chより

柳生十兵衛が若者たちとともに町の悪を一掃する痛快時代劇シリーズ第三弾。
十兵衛はかつての師・秋月隼人正の住む松月の庄にやってきたが、そこでは狼谷の郷士太田黒刑部・陣十郎兄弟と藩の幹部・三田村内膳たちが暴威を振るっていた。
十兵衛は隼人正の弟・又七郎に忠告するが、又七郎は内膳たちを信用しきって聞く耳を持たない。陣十郎は暴れ者の丑之助に「お前の父を殺したのは十兵衛だ」と嘘をいい、十兵衛を倒すようそそのかす。

(キャスト)
近衛十四郎/里見浩太郎/山城新伍/久保菜穂子/中里阿津子/徳大寺伸ほか

(感想等)

「柳生武芸帳」シリーズとは別のやつですね(・▽・)
10年ぶりに秋月の庄を訪れた柳生十兵衛(近衛十四郎さん)。
弟子だった秋月隼人正(徳大寺伸さん)が病身、弟の又七郎(里見浩太朗さん)は武器をもって戦うことに疑問を持ち、
秋月の庄を狙う狼谷の大田黒刑部(富田仲次郎さん)・陣十郎(戸上城太郎さん)兄弟と本気で対峙しようとしない。
(背後に諏訪信濃守(三島謙さん)と家老三田村内膳(原田甲子郎さん)あり)
そんなピンチっ!な秋月の庄を救う、十兵衛の物語です。


戦うのは嫌だ、相手を傷つけて幸せを得るだろうか、話し合いで相手を説得することができると、
又七郎の発言と行動がかな~りおめでたすぎです。
頭でっかちの若者に変わっておりました。
(相手が悪意をもってくる中で、話し合いで解決できるわけなかろーが)
しまいには、何もかも忘れて小弓(中里阿津子さん)とどこかへいきたいとかね
(やれやれ・・・・)

小弓はもてもてですなぁ!又七郎に、山城新伍さん演じる丑之助(小弓と幼馴染)とか、
大田黒陣十郎のヤローにも^^;

お花畑発言の又七郎に対して十兵衛はこういいます。
「又七郎、世の中それほど甘くは無いぞ。お主のような人間がそろってばかりいれば、その理想も達せられるかもしれん。だが、正しいものから剣をとりあげ、邪道を行くものにのみ剣を与えた時、世の中はどうなる。
剣がすべてだとはいわぬ。
財力・権力にものいわす人間もあろう。
だが、わしやお主から剣を取り上げたら何が残る。
何の力があるというのだ。
わしは剣を生かし、剣に生きる」
(いつの世でも性善説だけでやってたらえらいことになりまする。現代も同じだけどね)

その段階では又七郎は納得せず、己の道を行くと頑固です。
後で痛い目みるまで気づかないとは、青いよの。

大田黒兄弟から十兵衛が仇と知らされた(実は違うんだが)丑之助が十兵衛に勝負を挑むわ、
陣十郎も十兵衛を襲うわ(兄の刑部のインパクトありすぎ・笑)、
忙しいです。

更に、今回はおもん(久保菜穂子さん)という女に惚れられるし(笑)。
↑いつものごとく、女はてきとーにあしらわれますが


すげー、十兵衛様今回はバクテンありの、二刀流も面白い持ち方してるー(・▽・)
近衛十四郎さんの殺陣の場面がふんだんにあるので、この作品では結構それが楽しめるかも!

「丑之助と同じように憎めない敵だな」っておもんさんに十兵衛殺し文句っ!(爆)

個人的には又七郎よりは丑之助の方が魅力的なキャラだなぁ。
丑之助、単純で野生児だけどまっすぐで素直な男じゃないですか。
いざとなると男気もあるし。
危険も顧みずに小弓を助けようとしたのにっ!
それとも小弓、イケメンでないと嫌だというのか!?(大笑)

話し合いで解決するほど世の中甘いもんじゃないことを又七郎は知る。
それほどまでに敵の悪意は強いのだ。
(小弓は人質にとられるは、自身は捕えられて鞭うたれるし。おまけに秋月隼人正は殺されるし)

今回の近衛十四郎さんは、剣豪としてひたすらかっちょえぇ。
お話としてはひねりがある方ではないかもしれないけれど、
又七郎の発言にも真剣に答えて否定せずに受けてから返してあげているし、
(後に自分の考えが甘かったことに気付いた又七郎に、ちゃんとフォローしてあげている)
最後は「お前ならやれる。さぁ、笑って別れよう」と明るく去ります。
(近衛十四郎さんのこの笑顔で締められると、にんまりしてしまう^^)

最後は後味の良い、正統派時代劇でした^^








テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。