映画「タンポポ」で大友さんをみる。
2017年08月11日 (金) | 編集 |
日本映画専門chで伊丹十三監督の「タンポポ」、やっと録画できました。
実は食もの関連映画を地味~に集めておりまして(まだ48作分。外国映画多し)
タンポポのDVDは・・・・と探したらレンタル落ちでも結構なお値段で、
どうしようか・・・・と思っていたところに日本映画専門chが。
ありがとうございます。

日本映画食ものだと「かもめ食堂」だの「南極料理人」だの結構あるけど、
「タンポポ」は絶対はずせませぬ。
見たのはずいぶん昔で、以来久しぶりに見ましたが、やっぱりいいなぁ。
色々な食にまつわるシーンがあちこちに散りばめられていて、
初見時に気づかなかったところもあって、またまた面白く見ることができました。
(なぜかここ数日オムライス欲があるところに見てしまったこともあって、
こっそりオムライスシーンのところは「あ゛あ゛あ゛あ゛っ!このシーンがあったんだっ!
見てはならないものを見てしまった!(完全に飯テロ)明日はオムライス作るわ」)

ラーメンの先生役の大友柳太朗さんもしっかり見ました。
あのシーン、さしてラーメンが好物ではない私が見ても
「そんなん講釈言ってるうちに麺が伸びるでしょがー!(笑)」と、
心の中で「早く食べようよー」の大合唱状態だったのですが、
短いながらも印象に残るシーンの一つだったな。
(テレビのグルメ番組でも、目の前にラーメンあるのにさっさと食べずにダラダラ会話してるレポーターに
早く食べてー!と思ったり、
スープもいいけど麺から先にっ!と思ってしまう私はせっかちなのでしょうか?(笑))

食というゆるやかなもので繋がりつつも、カオスなオムニバスっぽい小片のオンパレード
(土台にラーメン屋「たんぽぽ」エピソードがありますが)
久しぶりに見たけど、やっぱり今も好きな映画です。

見終わって思い出したけど、大友さんの遺作映画でしたよね。
大友さん独特の雰囲気があってこの映画見てもいいなぁって思ったよ。
まだちょっと続けて欲しかったなぁ・・・・・大友さん。

------------------------------------------------------
もうすぐ新しいパソコンが届くので(やっと買った)
そしたら橋蔵さん映画のこと書けるー(基本いつもPCで見ながら書いているのですよ)。
今度のはブルーレイのドライブにしたので、BDも見れる♪
(テレビはいらんのでつけてない)。
スポンサーサイト
 映画「黄門社長漫遊記」(1962年・ニュー東映)
2011年10月16日 (日) | 編集 |
(あらすじ)※東映ch

“水戸黄門”をモチーフにした、サラリーマン喜劇。
平和インスタント食品本舗は、別府工場のラーメンの質が低下し、業績が悪化してきていた。
さらに社長が脳溢血で倒れてしまい、従業員一同は急拠隠居中の前社長・水戸耕平を呼び戻す。
耕平は品質低下の原因を探るため別府工場への視察に出掛けるが、旅の目的に現社長の女性関係の清算も含まれていたため、社長秘書の格さんに監視を命じる。
一方、工場の腐敗に腹を立てた助三郎は陳情のため上京する。

(キャスト)
進藤英太郎/高倉健/今井健二/三田佳子/筑波久子/神楽坂浮子/小林裕子 他

------------------------------------------------------
(感想等)
時代劇じゃないんです♪
でも、「水戸黄門パラレルもの現代劇」として、とっても「阿呆で」面白かったです!(・▽・)V

東映時代劇でおなじみの進藤さんが"黄門様!"( ̄□ ̄;)!
そして"助さん"に健さん!"格さん"に今井健二さん
黄門様が前社長をしていた「平和インスタント食品本舗」の現・社長の名前は"徳山家道"、
ライバル会社は"「豊臣食品」"、
平和インスタント食品本舗は黄門様と、現社長の父と、現専務の"大久保彦三郎"がラーメン屋台から大きくした会社だそうです。
(歴史ものや時代劇で見た名前がズラズラ・・・・笑)

その平和インスタント食品本舗の売上が激減。
そんな折、風俗店で(あることが原因で・笑)倒れた徳山社長(女好き)
徳山社長の代わりに、売上が減った原因ではなかと思われる別府の工場まで行くことになった黄門(前)社長。
それと同時に、中国のバイヤーが日本にインスタントラーメンの買い付けにやってくるので、
その契約も兼ねてます。
あーんど、黄門社長は徳山社長の各地にいる女たちの清算もすることに。
格さんと、別府工場の腐敗を直訴しようと上京した助さんと共に旅立ちます。


それにしても女性をあわよくば最初はくどこうとしていた黄門様ww
黄門様も相当お好きです(笑)

どうやら別府の連中は本社の誰かと繋がって、
豊臣と更に繋がって背任しているようですよ( ̄Д ̄;)あ゛~


黄門様ご一行に近付いてスパイ活動をしていた吉田組のお嬢の吉田仙子(筑波久子さん)。
途中まではうまくいきますが、
助さんに別府からそれとなく情報を入れてくれる春日つぼみ(三田佳子さん)の通報により、
黄門様側の情報が筒抜けと分かり、仙子の仕業とわかるが、
ヤバイと思った仙子は既に去った後だった。
黄門様は無理に追わず、裏をかこうと言う。
(春日つぼみて・・・・・”春日局”をもじったんぢゃあ・・・・^^;そういや三田さんは後年大河で春日局をw)


夕霧のたい子(神楽坂浮子さん)と黄門様はたい子が柳橋時代の旧知だったようだが、
たい子の言葉により、助さんと格さんはそれまで顧問弁護士と言っていた黄門様が、
本物の黄門社長だと知る(遅い!・笑)

黄門様は豊臣側と平和の背任人物達の宴会と夕霧でバッタリ鉢合わせしますが、
黄門様は宴会で邪魔するのは野暮とそこは笑って去ります。
ヤバイと思った連中は先にとっとと去りますが、
仙子が助さんに豊臣側がバイヤーとの商談を2日早めて欺こうとしていることを教えてくれます。
(仙子は典型的な「敵だったけど、相手に惚れちゃった」パターンで、助さんが情報を得ようと仙子に「好きだ」と言ったことが嘘だと知りながら教えてくれる、ちょっと小悪魔的な可愛い女です)

徳山社長と縁を切ってくれと黄門社長に言われて潔く身を引いた、
たい子が踊る「黒田節」が哀し気で美しい・・・・。

別府が豊臣側によって暴力団とかで固められてると知った黄門様たちは、
裏をかいて早くつく船で行くことにします。
(しかし、船のガイドさんは小さい頃父親を亡くして、徳山社長に学費を出してもらってたとは!!
ガイドさんの父と徳山社長は旧知だったらしい。案外「いい人」じゃん!スケベ顔だけど(笑))

追いついた春日つぼみから、
別府工場が(わざと)品質落として作ったラーメンの隠し場所を教えてもらう一向。
船の船員に化けて船を出てあざむこうとしましたが、
暴力団の連中らにより倉庫に閉じ込められる。
そして、黒幕は社長のいすを狙っていた大久保専務だった( ̄□ ̄;)!オマエカ!


やってきた中国のバイヤーは「毛沢山(もうたくさん)」(桂小金治さん。いわずもがな毛沢東の・・・笑)
一時は別府工場のわざと作られたマズーインスタントラーメンに失望した毛沢山が豊臣と契約しそうになったけど、
脱出して間に合った黄門様達により大逆転
「アコガレのラウメン」だの「マンソェ(万歳)」だの、ご満悦の毛沢山。



めでたしめでたしの結末でしたが、
随所でスケベじじいっぷり満開の進藤黄門様(笑)。
最後は別府の砂風呂で隣の女性に鼻の下伸ばしてるし、
どこまでも好色だけど、自称フェミニストでもあります。
イザって時は機転をきかせてさすが社長の貫録!
(スケベといえば、徳山社長も、豊臣食品の人もみんな・・・・・爆)

そんな↑な方々とはうらはらに、女には疎い健さん演じる助さん。
でも、春日つぼみとはいい仲のようです。
女に(恋愛関係の)嘘つくのが苦手なあたり、健さんの役らしい真面目っぷり♪

終始、笑いっぱなしでニヤニヤしながら見ることができる、
水戸黄門パラレル映画でした♪
堅苦しく考えず、ガハハと笑ってスッキリぢゃ!
水戸黄門が世直しならぬ企業の陰謀を暴く「漫遊記」でした^^


テーマ:邦画
ジャンル:映画
 ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」
2011年07月09日 (土) | 編集 |
昨日、ようやく見に行ってきまましたよ、ゲキ×シネ♪

長丁場なので、予めお気に入りの席を1週間前には予約しておきましたが、
ほんっっと、今回も楽しかったですっ!(・▽・)V


前回見た「蛮幽鬼」の時も感じたのですが、
新感線の舞台は、ゲストの役者さんの長所を引き出してるなぁ~と思いますです。
特に今回感じた人は天海祐希さんと神田沙也加ちゃんでしょうか。

熊猫屋の個人的な印象なのだけれども、天海さんは「何を演じても天海祐希」という印象が強くて、
そんなに演技幅が広い人ではないと思ってるのですよね。
(それはこの「薔薇とサムライ」を見た後でも変わってない)
ですんで、役者としてはあまり好きなタイプでは無いのだけれども、
この「薔薇とサムライ」での天海さんのアンヌは、天海さんの良い所をドーン!と引きだしていて、
更に天海さんの持ってるスターオーラも充分に発揮されるような演出だなぁ^^と感じました。
とにかくカッコイイ!!!めっちゃかっこいい。
こういう役やらしたら女性では今一番だろーってくらいはまりまくってました。
天海さんあってこの役があるという感じ。
それにしても、女王様な衣装よりパイレーツとかオスカル衣装が似合うなんてっwww
男前すなぁ~(´Д`*)
↑宝塚が大の苦手な私でも、ほんの少しはまる気持ちが分かるような(笑)

神田沙也加ちゃん、近年は舞台畑で頑張っているようですが、
アイドルたるやこういう感じっ!というか、
なんてキュートで可愛いのっ!!ってくらい「お姫様」。
ちょっとコミック調な部分もあるこの舞台に、愛くるしい声と姿が何とも似合う。
歌声は母の血を受け継いでるようですが、
演技力は大根・・・・だった母より数段上手。
コミカルでくだけた演技も何なくこなしていて、可愛いだけじゃないとこが好感。
このまま精進して育って欲しいですじょ。

デスペラード役の山本太郎さんもお笑いかましながらも影あったりして良かったですわ。
しかし・・・・リアル世界で今、一時報道されてたけど変な方向に行っちゃったんで、
どうなるんかしら(^ω^;)

エリザベッタの森奈みはるさんは、さすが元宝塚の娘役トップスター。
今回の、宝塚までいかんまでも東宝の欧州系ミュージカルのような王宮の雰囲気が似合うわ、
物腰や裾さばきに品があるですよ。
(でも、新感線の舞台なんで、夫のガファスを締める時とか一瞬でコミカル路線に(笑))

東宝ミュージカルで何度も見てる浦井くん。
私的には「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のアルフレート役でコミカル路線も拝見してるので、
大丈夫なんだろなと思っておりましたが、
ほんのちょっと王子(笑)も残しつつ、やってくれたわという感じ。
大げさなマンガちっくな言動も堂に入っていて、
歌は心配ないんで安心してきけるわ、新感線の舞台にしっかり溶け込んでましたわ。
(それにしても、この舞台の歌の部分だけでもミュージカル風あり、ロックあり、メタル風あり、歌謡曲調あり、アイドルっぽいのありでめちゃくちゃ楽しい♪)


素敵いぃぃ~♪なのが、
やっぱ・・・アレだ。
バルバ・ネグロの橋本じゅんさんっっっ!!(≧▽≦)←そこかっ!(爆)
ピンク~♪ふりふりぃ~♪カミングアウトっ!!(笑)
もぉ~笑かしてくれてありがとございますっっ。
ピンクの衣装が一番ラブリーでしたわ♪←おい
(盗んだアンヌの衣装はバルバは着られるのでしょうか?・わはは)
橋本じゅんさんと言えば、病になられてから心配しておりましたが、
今春に復帰されてたのですね・・・よかった(TωT)
他の高田さん、粟根さん、右近さん、メタルさんなどなどの新感線団員の演技はもちろん安心して見られましたし、
やっぱ古田新太さんの殺陣はええにゃ~♪とホレボレし、
いつもきっちり伏線回収してくれる脚本と演出。
今回は映像も多用していて、まるで舞台と映像とコミックが融合したかのようでした。

他には無い映像ですよねぇ。
舞台の映像化なのに、単純に舞台を撮ったんでなく、
映画として楽しめるようになってるのが毎度ながら凄いです。
今回も堪能!
あ、でも(話の)ぐっっときた度では前回の「蛮幽鬼」の方が個人的に好きでございます^^

 シネマ歌舞伎「女殺油地獄」
2011年07月02日 (土) | 編集 |
観に行けるか微妙だったのですが、ゲキ×シネが今日から昼間から夜上映になったんで、
ゲキ×シネは平日の夜に行くかぁ~(終了が夜の11時近いが^^;)ということで、
本日はシネマ歌舞伎「女殺油地獄」を観て参りました。

お気に入りの席を予めネット予約しておいたので、当日はゆったり入場。
ん~土曜日なのに観客がザッと30人ちょいかぁ・・・・・
少ないぞー頑張れシネマ歌舞伎っ。
(各種割引がきかないというのがネックかしらね、やはり)

------------------------------------------------------------
シネマ歌舞伎といえばず~~~っと中村勘三郎丈か坂東玉三郎丈かという感じだったので、
初の別な方~♪仁左衛門丈だ、わーい(・▽・)

この演目で仁左衛門丈を観られる機会って今後あるのかなぁ?と思っていたので、
シネマ歌舞伎で見られるのはとっても嬉しかったです。

しかし、何だ「女殺油地獄」って凄惨な現場が出てくるような演目かしら?と想像していたのですが、
その通りでした( ̄Д ̄;)ひぃぃぃぃ!
しかも、最後の最後まで救いが無いとは・・・・。
(与兵衛に天罰くればいいと思ってたのに(笑))
(借金断られて)逆恨みの与兵衛がお吉を斬りつける、油ぬめぬめ場面の凄まじさ。
仁左衛門丈の目の演技がもうね、いっちゃってる人の目なの。
完全に我を忘れている目。
はっきりキ○ガイの目^^;
お吉に刀振り下ろそうとして滑ってはずす場面と、お吉が死ぬ場面のお吉のエビ反りでの表情も恐さ倍増だけど、
仁左衛門丈が演じる与兵衛の、豊嶋屋の家に入ってからお吉を殺害して出るまでの一連の流れが与兵衛の様々な表情が一挙凝縮!で凄いのです。
「ああ~これは体力がいる演目だわ」と、見るこちらも手に汗にぎるっ。

与兵衛はほんと救いが無くて、自分勝手すぎるんで見ている側も
「てめーこそ去(い)ね!」と心の中で呟くほど(笑)酷い奴でございます。
金遣いは荒いわ、自分で地道に稼がないわ、遊び人だわ、親も妹も大切にしないわ、
自分のためなら他人が犠牲になることもいとわないわ、挙句の果ては逆恨みで人殺しまで。
性格的に堪え性は無いし、自分でまいた種なのに、責任をことごとく他者に転嫁する様を見ていると、
これ・・・・現代版にしてやっちゃヤバすぎるほど、最悪の人物です。

その与兵衛を、おちゃらけた遊び人な表情から、凄惨な場面での怖い表情、やってしまったことに後になって我に返って手や身体の震えが止まらない青ざめた様など、
ほんと仁左衛門丈すごいにゃ~と熊猫屋も一気に最後まで見入ってしまいました。

他の役者さんで特に良かったのが、中村歌六丈。
(この頃はまだ萬屋だったんで、大向こうさんの掛け声も「よろずやっ!」でしたね^^←現在は播磨屋)
熊猫屋の一番近いとこでの生歌舞伎は昨年の秀山祭。
その時の「沼津」の平作役の何とも味のある雰囲気がめちゃめちゃ好きだったのですが、
今回も与兵衛の義父ながらも番頭上がりなもんで強く言いづらい徳兵衛を演じておられました。
義父だけど、与兵衛を想う慈愛あふれる様にはもう涙・涙・゚・(つД`)・゚・
(徳兵衛と妻のおさわのこの親としての愛情故に、与兵衛のあのダメっぷりが際立って見えます)

約2時間弱ですが、凄みのある芝居を見せてもらいましたですよ(・▽・)満足っ!


-----------------------------------------------------------
で、映画館で次のシネマ歌舞伎(10月)のチラシをいただいてきました♪
CAG9MAY1.jpg

やったあぁぁぁ!吉右衛門丈だわー!(歓喜っ!)
今年の巡業(東コース)が中止になって
吉右衛門さんにお会いできなくて残念無念(´・ω・`)ショボーン
だったので、嬉しいわぁ~
おなじみの熊谷陣屋だけど、「歌舞伎座さよなら公演」のだし、
今年亡くなられた富十郎丈もご出演。
これは絶対観なくてはっ!^^
テーマ:シネマ歌舞伎
ジャンル:映画
 舞台「イッセー尾形のこれからの生活2011」
2011年06月25日 (土) | 編集 |
今日から「シネマ歌舞伎」と「ゲキ×シネ」が始まったのに、
平日どっちも真っ昼間しかやってない(ショック・・・・)
カレンダー通り勤務のリーマンは土日しか行けないぢゃないか(TωT)るー
今日は生舞台で明日も用があって×
来週末どっちか選択しかないかも・・・残念だけど「ゲキ×シネ」だけとるかもしれませぬ
シネマ歌舞伎よ、すまぬ(見たかったがー)

さて、気を取り直して、久しぶりの生舞台ざんす。
震災があってからというもの、今年の生舞台の来道本数がかなり少ない気が。
今年は歌舞伎もこないしねぇ(松竹は喜劇を秋に持ってくるようだが^^;)
劇団四季が常駐しているけれども、××年前に常駐していた時にこれでもか!と見たのと、
その頃の俳優さんは殆ど残って無い&色々舞台を見ている今は四季を見ても違和感が・・・・
ということで、そちらは見る予定も無いとなると選択肢が激減。
・・・・・・今年は落語の本数を増やすかーと思ってるとこです。
----------------------------------------------------------
そんな中、定期的に来てくれるイッセーさんの舞台はありがたし。
今回もすっごい笑って帰ってきました。
3日間公演があって、今日は中日だったのですがお客さん満員。

毎回ガハハと笑ってスッキリするので、
いっそのこと後援会に加入しよかと思う今日このごろ。

気になるところはやはり「天草五郎」のシリーズがちゃんと完結してくれるのか?
というところですが・・・・・(ええ、私もそれ一番気にしてました)

・・・・今回も完結しませんでした(笑)

それどころかよもやの「番外編」突入!(爆笑・おいおいおいおい)

(天草四郎のうっかりで昇天した)ふみが、天に召される決意をした理由て・・・・・
そして昨年夏のネロとパトラッシュ復活、
「安寿と厨子王」をからめた脱線物語に場内大爆笑でした。
(「天草五郎」での客席の笑い加減といい、イッセーさんが着替えで例の袴とカツラをつけると拍手する人がいるわ、かなりの数が常連の模様)


イッセーさんも終わると苦笑しておられたようですが、
も・・・・完結しなくてもいいや、これでいつも大爆笑させてもらってるし、
無くなると寂しい(笑)


今回のネタは、赤ちゃんの孫をおぶって散歩に出たおじいちゃん、
登山道で酸素ボンベを売る人、大量の商品の返品を喰らった会社の部長、
数十年ぶりに同伴出勤をすることになった老ホステス、
新幹線に乗って家路に向かう女、天草五郎の番外編、
日本中をさすらい旅のギター背負った歌うたい

・・・・だったかな?
ご当地ネタを含めたのはホステス(冬の時計台前で待ち合わせ)、
あと最後のネタで帯広で蕎麦食べた話。

孫の子守のおじいちゃんネタが終わっていつもの舞台上での着替えの時の、
赤ちゃんの扱いに笑いが(はははは、中身はそうか!)
新幹線のは、しきりに名古屋を悪しざまに(イッセーさん扮する)おばちゃんが言っていたけど、
(↑あくまでもお芝居の中身ですからね)
これ名古屋でもやったのだろうか?(笑)

今回も大爆笑させてもらいました。
日常をひねってちょっとブラックが入った「くすっ」と笑えるネタの数々。
公演のお知らせが来るとうずうずして行っちゃうんですよね。
また冬も行くんだろうなぁ・・・・いや、行くだろ(^ω^)

舞台上に一人しかいないのに、見えない何人もの人がいるように感じる演技が凄い。
スルメのように味が出てくせになるイッセーさんの舞台です。

テーマ:演劇・舞台
ジャンル:アイドル・芸能