スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「わが心の歌舞伎座」(DVD)
2012年09月29日 (土) | 編集 |

歌舞伎座さよなら公演 記念ドキュメンタリー作品::わが心の歌舞伎座(Blu-ray Disc)


歌舞伎座さよなら公演 記念ドキュメンタリー作品 わが心の歌舞伎座 [DVD]



2010年4月30日に閉場して、現在建て替え中の
旧三代目の歌舞伎座のドキュメンタリーです。
昨年、私は既に映画館でこの作品を見ているのですが→感想はこちら
建物と共に映像を心にとめたいので、DVDが発売になると知った時にゃ嬉しかったなぁ。

このドキュメンタリーでは、13人の幹部俳優さんのインタビューと演技を観ることができると共に、
閉場式の様子とか、歌舞伎座の普段見ることができない裏側も見ることができます。

いきなりトップが昨年亡くなられた中村芝翫丈でな・・・・(涙)
(もうすぐ亡くなられてから1年か・・・・早いなぁ)
5人目には、これまた昨年亡くなられた中村富十郎丈も(TωT)るる~
(あれ?富十郎丈の部分、こんなに長かったでしたっけ?)


時代劇的には、市川雷蔵さんの養父の市川壽海丈とか、
大川橋蔵さんが歌舞伎時代に部屋子として入った(三世)左團次丈とか、
鬼平のモデルと言われている松本白鸚丈とか、
鬼籍に入って久しい方々がちょこっと出てくるのも美味しいとこです。


それにしても、3年って結構あっという間?
来年新しい歌舞伎座竣工予定ですものね!
来年は歌舞伎観に行きたいものです~♪

DVDもブルーレイも、これといって特典は無いようで、
「えー旧歌舞伎座の映像をもちっと入れてくれても」と思ったのですが、
映像見るだけでもじ~んとしてしまいますし、
色々演目をチラ見できますんで(ほんとにチラッとだけどね!・笑)、
役者さん達のインタビューと共に、ビギナーズの入門にもなりえる1本かと思います。


スポンサーサイト
テーマ:邦画
ジャンル:映画
 東映、久しぶりの時代劇DVDなれど・・・・これは?/他
2012年09月27日 (木) | 編集 |
新しい時代劇のDVDなんか出たかなぁ~?と、
ちらほら探ってましたら、
なんと東映が久しぶりに時代劇のDVD出すみたい。

が、1本だけなんですよ1本(^ω^;)

「歌舞伎十八番「鳴神」 美女と怪龍」という作品なのですが、
東千代之介さんが出演されてますけれども、色々見ると彼が主役というわけでもないのかしら?
前進座の創立25周年記念とかうたわれてもいるようですし
(確かに前進座の方々が何人も)
何より疑問なのが、何故この作品がDVDに?(他にもたっくさん未ソフト化あろうに)
ということなんですが。
脚本が今年亡くなられた新藤兼人さんだからこれに関連?
とか色々考えちゃった熊猫屋ですが、
ニュープリントだし、キャストも豪華(いつもの東映の面子と違う)だし、
東千代之介さん出演のDVDって少ないしっ!ということで昨日予約ポチしてきました。
(発売は11月下旬だけどね!)




歌舞伎十八番「鳴神」 美女と怪龍 [DVD]
---------------------------------------------------------
↑も楽しみだし、
時代劇じゃないけど若尾文子様出演のDVDの廉価版が色々出るぅ~!!
ということで、
CSで放送した時に録画したけど画質悪いんで「赤線地帯」と、
「雁の寺」「赤い天使」も予約しちまいました・・・
(これらも11月だけどね!・笑)


-------------------------------------------------------
で、ビックリしたのがDVDが絶版していて久しい「江戸の牙」が再DVD化されてたこと!!!
(なんですとー!)
しかもハイビジョンリマスター化したやつとは!

江戸の牙DVD-BOX(7枚組)

こっ・・・・これは・・・・時専で録画しまくってたけど、
予告とかも入ってんのかしら??(時専でやった時は予告は放送してくれなかった)
綺麗画質で剣様捕獲したいし・・・・というわけで

・・・・あ~ポチってしまいました(笑)
ええ、もう自重します^^;
でも嬉しいなぁ~♪江戸の牙また見まくるかもしれませぬ。
ビクター様ありがとうっ!(喜)

テーマ:時代劇映画
ジャンル:映画
 カレーなる上様のCD@「マツケン・マハラジャ」きたですよ。
2011年11月08日 (火) | 編集 |
家に帰ったら、ちびっこたち襲来で嵐のようにすぎていき、今日も「徳川三国志」見られなかったわ
^^;
↑もうバテバテ・・・幼児相手はバトルだっ(笑)

なので、本日は軽い更新メニューで(・▽・)

いつぞやかの記事で書いた松平健さんの新曲「マツケン・マハラジャ」のCDが2日前に我が家に届きましたわ♪


マツケン・マハラジャ/マツケンカレー(CD&DVD)

何だかお昼の番組で結構宣伝されてるみたいなんですが^^;
CDは、ウォークマン転送アイテムとして・・・・まずはDVDだわ(・▽・)ヤホーイ♪
しかもマハラジャの方(笑)
あ~、ミュージカルの時にも感じたけど、やっぱり上様なのであくまで「和風」なのね!
本場インドカレーではなくて、「日本のカレー」って感じ。
ははははは、はっちゃけてるなー(笑)
冒頭に出てくる「KEN MATSUDAIRA」の文字が、インドのタミル語圏映画の文字のレタリングっぽいです。
しかし、シヴァ神って「破壊神」だぞ(笑)
荒れ狂う恋でいいのか!?w

キラッキラ派手派手のターバン巻いた上様。
お顔が大きいから(←時代劇役者さんに対しては褒め言葉です!)派手さに負けないんだよね。
インド映画のおっさん並の超難度のダンスではないですが→難易度がめっちゃ高いインド映画のダンス
(振付もサンバの人と同じあの方だし)
忘年会の余興にいかがっすか?!ってなくらい何だか楽しい(笑)
上様の声質って、年齢よか若いですよね。
意外にハイトーンだし。
下手な歌手が出るくらいなら、上様が紅白出る方が楽しいって!(爆)
(ただでさえ、今年の紅白は暴○○排除条例で目が厳しい中、歌うたいの選考も大変でしょうから、
どうすか?・笑)


シネマ・トゥデイの記事を読むに、「マハラジャ映画」という言い回しに激しく違和感を感じつつも、
言いたいことは通じてる(笑)→シネマ・トゥデイ
(インド映画のことなら「マサラムービー」と言うなら分かるんだけど^^;)



「マツケン・カレー」の方は、女の子の子役ちゃんとの共演が可愛い昭和な映像。
これ見たら、お店のカレーじゃなくてお家のカレーが食べたくなるわ。
(しかも、とってもオーソドックスであんまり辛くないやつ)
テレビで、上様がまだ幼い息子さん相手に練習したことをおっしゃってましたね。

曲を作ったのが中西圭三!?( ̄□ ̄;)ええー!まためっさ懐かしい名前!
こんな雰囲気の曲とは対極的な歌を作って歌ってる人っていうイメージだからビックリした。
DVDにも最後のレコーディング風景のとこでチラッと映ってるようで、
面差しは大分変わってしまったようだけど^^;
今でも歌うまいですね。


これ見たら、タワレコで買ってきてもよかったなーレトルトカレー(!)の「マツケン・カレー」も売ってるようだし(笑)→タワーレコード


それにしても上様、今でも舞台では「暴れん坊将軍」をやっていらっしゃるんですね。
テレビの連続時代劇における同一人物による主役ではタイトルホルダーが「銭形平次」の大川橋蔵さん(888回)ですが、
上様はそれに次ぐ「暴れん坊将軍」832回ですものね。
私が子供ん時にはまってたのは「暴れん坊将軍」の方です(笑)
こう書くと、たま~に時専でやっぱり暴れん坊将軍見たくなっちゃうんですよね(あはははは)



テーマ:音楽
ジャンル:音楽
 デアゴが今度は「鬼平犯科帳DVDコレクション」。
2010年09月02日 (木) | 編集 |
デアゴスティーニの「東映時代劇傑作DVDコレクション」は、あともう少しで終了ですが、
そんな折、こんなのが出ちゃうそうですw

「鬼平犯科帳DVDコレクション」公式

9月14日創刊だそうな
中村吉右衛門さん版のシリーズ全9シリーズまでのうち、
第5シリーズまでをDVDにして刊行するそうです
(何か中途半端だな、全部ぢゃないのか^^;)


時専では今月からHD化した鬼平が第1シリーズからスペシャルも全部入れて放送するというのに、
タイミングが^^;;;

というのも熊猫屋、今月歌舞伎でナマ吉右衛門丈を久々に拝見する予定ということで、
かなり舞い上がっている中、
(現在のところ、熊猫屋が好きな歌舞伎俳優さんの中では三本指のお一人です・・・ふふ)
「暴れん坊将軍」「必殺シリーズ」「喧嘩屋右近」と時専の連続時代劇の録画がみっちりで、
「鬼平」は録画するつもりなかったんですけど、
最近テレビで吉右衛門丈がご出演のテレビ番組とか見るにつけ、
急に(吉右衛門様熱で)燃え上ってしまい(単純すぎる)、
「よしっ!鬼平を全部録画するぞ~!レコーダーよ、耐えてくれいっ!」
と決心した矢先のこのコレクション。


・・・・時専がなかったら買ったんだがな・・・・^^;惜しい~


池波正太郎エッセイ大ファンなのに、肝心の時代小説をまともにちゃんと読んでないという熊猫屋なのですが、
食べ物描写が秀逸な池波さん、たぶん読み始めたらやばいという確信はあります(笑)。
ま、その前に映像で吉右衛門丈を堪能させていただきますわ♪


しかしこのコレクション、全部完走のご褒美の収納BOXは東映時代劇のよりいいなぁ。
洋室に置いても違和感なさそうで
(東映時代劇の特典の収納BOXは洋室にめっちゃ合わなそうだったんで^^;)
「火盗」の御用提灯ストラップにちと萌えましたが(爆)
テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ
 東映時代劇傑作DVDコレクション39号は「銭形平次」
2010年06月06日 (日) | 編集 |
ここに来てやっと橋蔵さんきてますね(笑)←草間の半次郎とか
6月22日発売のが「銭形平次」(あの劇場版のやつ)だそうですよ。

つい昨日も、東映チャンネルで録画成功したやつとか、
このデアゴさんのDVDでソフト化になった橋蔵さん作品のビデオは整理して処分したのですが
(あ、ビデオパッケージの表紙はとってありますよ♪)、
思ったよりビデオが減りました(笑)。
↑東映チャンネルで新吾と若さまをコンプリートできたのが最大の原因ですが。
みかん箱ひと箱分がw

それにしても、橋蔵さんの作品でええなぁ~と思う作品
「花の折鶴笠」とか、「恋や恋なすな恋」とか、
「美男の顔役」とか、「江戸っ子肌」とか、
「濡れ燕 くれない権八」とか云々・・・・表に出ないですねぇ(嘆息)。
チャンネルで放送でも、ソフト化(DVD)でもどちらでもかまわないのですが、
良い作品がいっぱいあるのになぁ。
なんか良くない意味でマニア化しそうなのがこわい。
それが悲しいし、もったいない!
ああも所作が良い時代劇俳優はそんなに沢山いないと思うのだけどなぁ。
所作がむちゃくちゃに崩れている現代だからこそ、見せて欲しいのですけれど。

多少しつこくても熊猫屋はここ(ブログ)で書き続けますけどね(笑)

色々思うところはありますが、こうして少しずつソフトになるのは嬉しいことです。
デアゴさん、ありがとうです。
------------------------------------------------------
デアゴといえば、「週刊戦国武将データファイル」(創刊号)が本屋に山積みに
(笑・ハンパない数なんでびっくりした)
こういう歴史データものってどういう人が買うのかなぁ。
私は日本史は好きだけどオタではないので、詳しくはないですが、
歴史好きって、本当に好きな人はディープなとこに入ってしまって、
こういうのでは全然物足りないかと(笑)。
↑私は中国史やってたんで歴史好きの気持は分かる。
今何故かブームにされちゃってるので、そこではまった初心者向けですかね?
はまった理由はどうあれ、そこから深い世界に入ることができれば、
「ようこそ、いらっしゃいませ」ですね♪
歴史は面白いですよ。知れば知る程深みに入り、そして難解さと壁の多さに抜けられなくなります(爆)


テーマ:時代劇
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。